3.11からずっと日々色々なことに心が揺さぶられ、落ち着かない日々を過ごして来ました。
きっと日本中がそうだったように思います。そして、それはいまだに進行形。
日記を書こうにも筆が進まず。映画の撮影に入っているにもかかわらずセリフを覚える気にも、
チェロの練習をする気にも(チェロを弾く役なのです)なかなかなれませんでした。
何をやるにもいちいちエネルギーを使うのです。
体の中はいつもどんよりと灰色。
心に「覚悟」のようなモノが生れたと思ったら、涙で消されてしまったり。
そんなこんななひと月が過ぎ、雪の降る被災地から桜の花咲く被災地に変わりました。
季節は移り変わる。何があろうとも。
自然はそうメッセージを送ってくれているのでしょうか?
自然と共に生きていきたい。
もう嘘はやめましょう。
相手のことを思いやりましょう。
こんな時だもの。
もう今までのことは終わりにしましょう。
恨みごともやめましょう。
みんなで新しく始めればいいのだから。
日本中が混じり気のない美しい心のもとに一つになれば、
亡くなった人たちの魂も成仏出来るように思うのです。


3月11日 伊勢神宮 五十鈴川にて


17th/Apr.


(c) TSURUTAMAYU 無断転載・引用を禁止します。