今年も後2日。
昨日で仕事納め。
「ねこタクシー」は来年に持ち越し撮影です。
ダイスケさんとカカは昨日実家に帰りました。
私は仕事だったので、一足遅れて行きます。
今日は大掃除ならぬ、小掃除。
年の瀬という感じはあんまりありません。
久しぶりに静かな我が家。
たまにはいいかも。
2010年は引き続き大変な年。
この前ラジオを聞いていたら鏡リュウジさんがそんなことを言っていました。
ま、そうだろうなぁ。
でも、もう一部では始まっているように思います。
新しい動きが。
確実に。
悪くない感じがします。
横に広がる一体感。
自然と共に力が抜けて来ているように思います。
さぁ、行きましょう。
みんなで。
新しい年に!!

Have a nice new year !!


29th/Dec







うわっ!気がつけばクリスマスイブ。今年ももう後わずかです。
今年は年の瀬までお仕事。「ねこタクシー」というドラマ&映画の撮影です。
主演はカンニング竹山さん。ちっちゃいけど、実は一番大きな物語。
自分に自信がなく、世間とも上手くやれず、なんとなくパッとしないタクシー運転手の竹山さんが、ねこと出逢うことによってちょっとだけ何かが変わっていくというお話。
私はその妻なのですが、この家族がとてもいい感じ。
どこにでもいそうな家族なのがまたいい。あ、どこにでもいそうで実はいないのかなぁ?よくわからない・・・。
「家庭」がちゃんと「居場所」となっているのです。
竹山さん、知れば知るほど優しい人です。そして、監督も優しい人。
監督の演出を見ていると、そうかっ、こういう時には妻としてこういう受け入れ方をしてあげればいいのね、と勉強になる。
でも、たまに「いやぁ〜、それは男の幻想でしょ〜」なんて思ったりもするけど。(笑)
あまりに監督の描く妻が優しいので、「監督のお母さんはリリーさんのお母さん(「東京タワー」に出て来るお母さん)のような人だったでしょ?」と聞いてみたら
「えっ!!どうしてわかるの?」って。そりゃ〜、わかりますよ。その演出をみていたら。(笑)
やはり男の人の永遠の憧れは“お母さん”なのですね


24th/Dec


(c) TSURUTAMAYU 無断転載・引用を禁止します。