何となく立ち稽古が始まりました。いやぁ〜、さすがっ!みんなすぐに動けて、しかも!毎回違うことをしていてあっぱれ!です。上手いなぁ〜。
しかも、みんな楽しそう(^^) 演じることが楽しくてウキウキしている様子が伝わってきます。芝居が上手な人たちと作品を作れるのは楽しいなぁ〜。
でも、毎日楽しいのに、ものすごーく疲れます。きっと、話の内容が重いからだなぁ〜。不幸なオンナだからねぇ。って実はまだ、台本全部出来ていません。(涙)
この話がどういう風に締めくくられるか、まだわからないのです。
今日あたり、後半があがってくるのかな?楽しみに待ってようっと。


31st/Jan





あれれ、、、。 「トワイライツ」の本が80ページ上がってきたと思ったら、最初から書き直しになってるぅうううう。
しかもっ、構成が変わってるぅううう。
そしてっ!私、しゃべりっぱなしぃいいい。
嬉しいけど、大変だぁ。。。
でも、稽古は楽しい。
けっこう稽古好き。
みんなに会えるのも楽しい。
でも、、、お話がメチャメチャシリアスで辛い。
人生どんなふうに転んでも結構辛い。
そして、どんな風に転んでも結局あんまり変わらないのかなぁ。。。
けっこう不幸なオンナです。
でも、まだ80ページ。
後半分ぐらい残っている。
だから、まだ人生どんな風に転ぶかわかりません。


24th/Jan





GOEMON」の試写会に行ってきました。いやぁ〜「キャシャーン」に増してすごい映像です。そして、美術も衣装も素晴らしい。ストーリーもウツクシすぎてきゅ〜んとするところや、「そうだよなぁ」とじ〜んとするところや、「なるほど〜!!上手く作ったなぁ」と感心するところなどが沢山あって、わくわくどきどき。でも、、、女だからなのかなぁ、、、途中から「???」となりました。やっぱり男と女の思考回路が違うのかな。でも、そう考えていくとやっぱり世の中母系社会になった方が絶対に平和だ!!と思ったりもするのです。ちなみに私の出番はほんの一瞬です。一瞬過ぎてわからないかもしれません。即死です。(笑)


22nd/Jan





今日からモダン・スイマーズの舞台「トワイライツ」の稽古が始まりました。
といっても今日の稽古まで脚本もなく、先ほど数枚の出来上がったばかりの第一章のプリントを渡され、本読みが始まったのです。でも!!たった数枚だったけど、面白そうだなぁ、と予感出来るものでした。脚本がなくてあせっているのは私のみで、どうやら蓬莱竜太作・演出の舞台はいつもこの様な感じで始まっていくらしいのです。でも、今日稽古が始まって、彼らのいつものペースを垣間みて、焦っていた気持ちが「大丈夫かも、、、」という気持ちに変わりました。一番は、蓬莱さんの、漠然とだけれど頭の中ではきちんと決まっているんだろうなぁ、という揺るぎない様子を見てです。何となく「安心してついていける」というなんの根拠もない安心感を覚えてしまったのです。でも、芝居をやる上で「演出家を信じられる」というのはとても大事な要素の一つだと思います。いや、もしかするとそれが全てかもしれません。なので、余計な力を抜いてがんばろう!と思います。是非是非、見に来て下さい。


--出 演--
モダンスイマーズ〔古山憲太郎 津村知与支 小椋 毅 西條義将〕
山本亨
菅原永二(猫のホテル)
梨澤彗以子
鶴田真由

--会 場--
吉祥寺シアター

--日 時--
2009年2月19日(木)〜3月1日(日) 全14回公演

--料 金--
<公演>【前売】4,000- 【当日】4,500- 全席指定

--一般発売日--
12月10日(月)〜
オンライン予約
電子チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、Habanera

--お問い合せ--
モダンスイマーズ
info@modernswimmers.com
Habanera / 03-5489-3740 (平日11:00~18:00)


19th/Jan





明けましておめでとうございます。
今年のお正月は元旦から海でエナジー補給でした。
最近、大地に寝るのが大好きな私。
大地に寝転ぶとデトックス&エナジー補給出来ます。

右からダイスケさん(夫)、私、義妹、そして奥の水辺で遊んでいるのが幼なじみの娘。


太陽の光を浴びて、のほほんの正月でした。


5th/Jan


(c) TSURUTAMAYU 無断転載・引用を禁止します。