2006/12/1 (金)
実虚

雑誌の取材。今日は久々にグラビアっぽい写真撮影。(っていってもエッチなやつじゃないよ・笑・)昭和初期のアンティークの着物を来て、本郷にある宿で撮影しました。なんか、映画のワンシーンのようで楽しかったぁ。実と虚が混ざり合う、そんな女優っぽい撮影でした。(笑)でも、この雑誌、JTBから出版されているもので、定期購読している人しか見れないんだって。なので、本屋さんに並ばないのです。残念。


2006/12/2 (土)
計画

インドのことがまだ何も決まっていず、、、なんかあせってしまうけれど、焦ってもしかたのないことばかりなので、、、でも、そろそろ優柔にしていたスケジュールをフィックスしなくていけない時期にきてしまいました。何も決まってないのに、決めるの苦手なんだよなぁ。


2006/12/3 (日)
一致

「地球交響曲第六番」の試写会に行きました。今回は音がテーマになっています。そして、なんと!あの!インドの音楽家ラビ・シャンカールが出演しているのです。実は数年前からずっと、私は“響”に興味があって、ヨガと一緒にマントラも勉強していたのでした。だから今回のテーマはものすごいシンクロなのです。そして!!今月から行くインドへの取材旅行の終わりにラビ・シャンカールに是非ともインタビューしたい!!と思って申請している最中だったので本当に本当にシンクロなのです。もう85、6歳になっているであろうラビ・シャンカールはまだまだ元気いっぱい。おじいちゃんには見えないおじいちゃんでした。人生の話、音楽の話、娘の話、、、と、とっても盛りだくさんで、彼の話に聞き入って行くうちに自分の頭の中で色々と想像が広がって、涙がぽろぽろと流れて来てしまったのです。あー、インタビューに行って、もし「今すぐ全てを捨てて、私の元に来なさい。」なんて言われたらどうしよう?そんなことまで真剣に考えてしまったのです。(ラビ・シャンカールは彼のグル=人生の先生=に出逢った時にそう言われたそうです)色々な想像で頭がぐるぐるしていて、実を言うとこの映画の他の出演者のことは全く憶えていないのです。ゴメンナサイ。でも、この部分だけでもとっても堪能出来ました。龍村監督、どうもありがとー!!公開はGW予定だそうです。


2006/12/4 (月)
魔力

アンティークジュエリーを扱っているアルビオン・アートの展示会に行きました。どれもこれもウツクシク、溜め息ばかり。中でもお気に入りだったのはルイ16世とマリーアントワネットの顔が重なって描かれているカメオの指輪、これは実際にルイ16世とマリーアントワネットが親しい人に送った代物ではないかと言われているそう。なんだかとってもドラマチックなストーリー付き。そしてもう一つは1900年代、総レースの服が流行った頃にその服に合わせて作られたのでは?と言われているダイアのネックレス。これはネックレスの一部が外せて、イヤリングにもなるというアイディアもの。キケン、キケン。今日もまた、この二つを目の前に自分を見失いそうになってしまったのです。アンティーク・ジュエリーは魔力満載です。


2006/12/5 (火)
少年

代々木にあるアンコール・ワットというカンボジア料理の店に行きました。
実はこのお店のご主人は謝孝浩さんの書いた「藍の空、雪の島」(スイッチ・パブリッシング)の主人公なのです。なるほど、なるほど、小説を読んで想像していた通りの人でした。遠くからご主人を眺めていると小説の中の子供とだぶって来ます。そしてとっても自分勝手にその人に対して色々な思いがこみ上げてきます。いっぱい辛い思いをしてここまで生きてきたんだなぁ、、、。ゆっくりお話することは出来なかったけど、是非またお食事しに行きたいです。とっても美味しかったし。


2006/12/6 (水)
宇宙

新国立劇場でMIRAIKAN(お台場にある科学館)イベントがありました。
毛利さんが撮った宇宙からの映像と雅楽のハーモニーが本当に素晴しく、自分も宇宙体験をしているかのようでした。そして、毛利さんの、宇宙で顕微鏡を覗いている時に「こんなところで顕微鏡を覗いているなんて、、、」と嫌になり窓の外を眺めたら顕微鏡の中の世界と同じだった、というお話も面白かったです。なんか最近“宇宙”モードだぁ。


2006/12/7 (木)
家族

来週からインドへ行くので「家族の時間」のナレーションをまとめて取りました。今日もかわいいお話がいっぱい。この番組は、本当に手のひらぶんの温かさを感じさせてくれます。人の幸せってここにあるんだね。そう感じさせてくれるステキな番組です。


2006/12/8 (金)
予防

風邪気味?いやぁ〜ん、インドに行くのに、喉が痛いです。まずいなぁ、、、。体力ないとインドって飲み込まれるよねぇ。いけん、いけん。すぐに体を温めなければ!!といっぱい着込み、足湯しました。生姜湯も飲んだし。大丈夫かなぁ?


2006/12/9 (土)
喪失

インド人のヨガの先生がどうやら農業をするのでヨガを教えるのは辞めます!なんて言っているらしいと聞いたので久々に足を運びました。やっぱり、ここは他のヨガクラスとは違います。なんか本質に触れるんだよねぇ。今日はヨガを教えている先生も何人か来ていました。ヨガを教えている人はここに来て習ったらいいだろうなぁ、と思います。でも、もう終わっちゃうけど。。。今日は何だか私もすーっと気持ちが入っていたせいなのか、、、ポーズの途中ですこーんっと意識が飛んで後ろにひっくり返ってしまいました。そのまま意識はなっくなり、失神状態に。。。先生が頭をひっぱったりしてくれたおかげで意識はもどったのだけれど、、、本当に危なかった!!しばらく記憶喪失になっていました。あのまま意識がもどってなかったら死んじゃったりしたのかなぁ?段のところに頭と背中を思いっきりぶつけ、ちょっと心配。ポーズを取りながら呼吸に合わせて血が引いてしまったのだろうか?本当に、まったく倒れた時の状況や頭を引っ張られている時の状況などを憶えていないのです。強い衝撃を受けてかなり精神的にもショック。。。おかげで先生が辞めるのか、辞めないのか、いつまで続けるのか、その先どこで農業をするのか、などなど、聞きたかったことは何も聞けず。しかも!ちゃんとお別れも言えずにぼーっとしたまま家に戻って来てしまったのです。何やってんだ>私。。。でも、先生は意味深に今日の状況を笑っていたのでした。いったい何〜????


2006/12/10 (日)
旅路

体がものすごーく痛いです。やっぱり相当つよく背中と頭を打った模様。気分も落ちてます。なんか夢見心地。大丈夫かぁ?私!!ってこんな日記書けるぐらいだから大丈夫なんだろうけど。でも、昨日、魂落としたかなぁ?それとも先にインドに行ってしまったかなぁ?そう思える程に何だか気分がもぬけの殻なのです。でも明日から旅立たなくてはなりません。一体どんな旅になるのでしょうか?


2006/12/11 (月)
出発

ダイスケさんより一足お先に旅立ちました。ダイスケさんがデリーで舞台を作っているのをいいことに、私はその間インド一人旅計画をしているのです。この旅はcoyoteという雑誌で記事を書く事になっております。スリランカ・エアーがタイアップで入ってくれたのでトランジットで一泊スリランカに寄る事に。でも、南インドに入るにはスリランカエアーは便利なのです。コロンボと南インドのトリヴァンドラムは近いからねぇ。デリーに入るとそこからまたムンバイによってトリヴァンドラムに移動しなくてはならないの。でも、、、経由でモルディブに寄っていました。知らなかったー!モルディブ経由ならモルディブに寄ってもよかったね(^^)夜中にスリランカに着いて、早朝出発。スリランカに着いたら、南の風になっていました。なんか心地いいかも?




(c) TSURUTAMAYU 無断転載・引用を禁止します。