2006/7/1 (土)
京撮

今日から京都で撮影。久々の京都。一番始めにこの撮影所に来たのはもうかれこれ10年以上前です。たしか時代劇で、まだ着物も着れなくて、時代劇に出演する時は浴衣を持っていかなければならない、なんてことも知らなくて、下駄で歩けなくて、、、本当に今から思うと恥ずかしいぐらい無知なまま京都の撮影所を訪れたのでした。当時、東京から新人の女優が京都の撮影所に行くといじめられる、なんて噂が耳に入ってきていて、、、でも、ずうずうしい私はそれでも人間なんだからきちんとやっていれば大丈夫!なんて持ち前のポジティブシンキングで撮影に臨んで、、、始めのうちは何も知らない東京から来た新人女優にみんな愛想をつかしていたけれど、、、でも、本当に沢山のことを色々と教えてくれました。床山部屋の棚にそうそうたる女優さんのカツラが並んでいるのを目にしたときには「キネマの天使」を思い出し、そこに自分の名前の入ったカツラが一緒に並ぶことにドキドキしたりして、、、スタッフの人たちから映画全盛期の頃の話を沢山聞いて、床が土のスタジオを歩きながら色々と想像したりもしました。色々なものがいっぱい沁み込んでいるようで、私はいつもこの撮影所に来るとワクワクします。さぁ、今日からまた、ここの匂いを嗅いでがんばろーっ!


2006/7/2 (日)
輪郭

撮影が早く終わったので、東京で見損なった「藤田嗣治展」を見に行きました。なかなか良かったです。藤田さんのポートレートから伺える本人の個性を想像しながら絵を見る事が何よりも楽しかった。あの黒い線で描かれた輪郭に藤田さんの人柄が滲み出ているように思いました。


2006/7/3 (月)
外枠

病院&会社のシーンの撮影。会社のシーンは池内くん扮する矢田貝に会う前のいわゆるタイトル前のオープニングのシーンだったので、何だか違う映画の撮影をしているようでした。(だって、それ以降はほとんど池内くんと二人のシーンばっかりなんだもん)久しぶりに違う人たちに会って変な感じだったなぁ。


2006/7/4 (火)
家族

今日は一日、ホテルで撮影。この現場、本当に家族のようです。照明部のチーフにおじいちゃんがいて、記録におばあちゃんがいて(年寄り扱いしてごめんなさい・笑・)、カメラマンのお父さん、照明部の3兄弟、衣装の妹、助監督の弟くん、、、本当にチームが家族のようなのです。こんなに温かい“愛”ある現場は初めて。心からみんなを愛してしまいました。本当に大切に思えたのです。撮影所っていいなぁ。家族だなぁ。こんなステキなチームがあるなんて。とってもステキな現場で撮影しています。


2006/7/5 (水)
住処

ロケから戻って来て夜は第4スタジオでラブシーンの撮影。スタジオには白いカーテンがひらひらしていて、その前にベットが一つだけ。なんか、きんちょーするなぁ〜、と思っていたら、この第4スタジオには鳩が住んでいるらしく、、、その旨入り口に説明書きがあるのです。なんとも和む出来事。(笑)でも、そのおかげで今日のラブシーンはアフレコ(後から声だけスタジオでとるのです)に!!あ〜ん、、、ラブシーンのアフレコなんて。(涙)私には聞こえなかったけど、撮影している最中、やっぱり鳩が『ホロッ、ホッロー』と泣いていたらしい。(笑)


2006/7/6 (木)
満腹

大阪のおたふくソースの本社にてお好み焼き屋のシーンの撮影。朝からずっとお好み焼きを食べながらのシーンだったのだけれど、やっぱり昼食にはお好み焼きを焼いて頂いて食べました。そして、午後にもまたお好み焼きを食べながらのシーン。今日は一日お好み焼き三昧。今日初めて気付きましたが、やっぱりお好み焼きにはおたふくソースが合うのですね。


2006/7/7 (金)
終了

クランクアップ!!あっという間の撮影でした。なんか終わっちゃうの寂しいなぁ。もう少しだけ、撮影所でワイワイ撮影していたい気分です。みんなとの共同生活が終わってしまうのも寂しい。ファミリーだったからねぇ。今日の撮影所は他のチームも色々と入っていて、色んな人に会えました。みんな京都に来てるのね。残念だけど、一足お先にさようならぁ〜。


2006/7/8 (土)
開店

六本木ヒルズの52階に出来た「マドラウンジ」。今日はここの一般オープンの日だったので見に行く事に。実はここ、うちの旦那様が少しお手伝いをしているのです。ここのオープンの為、忙しい日々を過ごしていたのですねぇ。今日は武田真治くんやいしだ壱成くんがライブをしていました。52階からの夜景と、スクリーンに映し出されたライブニュースのインスタレーションがとっても“ヒルズ”を象徴しているようで面白かったです。


2006/7/9 (日)
日曜

のんびり起きて、散歩して、よく遊びに行く骨董屋さんでお茶をして、、、日曜日な一日でした。


2006/7/10 (月)
成城

小澤征良ちゃん(小沢征爾さんのお嬢さんで、私の学校時代の後輩なのです)が小説を出したと聞いていたので買いに行きました。「蒼いみち」というタイトルです。征良ちゃんらしいまっすぐな小説でした。そしてこの小説の節々に成城生らしさのようなものが滲み出ていて、懐かしい香りを嗅いでいるかのようでした。


2006/7/11 (火)
蒼女

『エコール』試写。生理が始まる前の一番妖うい女の子たちを集めた学校?の話。最初から最後までずっとある緊張感が流れていて、、、それが心地いいのやら悪いのやら、、、とにかくそれに魅せられてしまうのだけれど、かなり変態だね。(笑)でも、あの年頃の女の子は本当にヤバい!!それにちょっぴりドキドキしてしまう私も違う意味でヤバい!けど。(笑)妖艶さと無邪気さと残酷さと、、、そんなものがないまぜになった美しい映画でした。


2006/7/12 (水)
図書

調べものがあって図書館へ。でも、あんまり参考になるようなものがなかったなぁ。どこへいったらいいのだろうか?詳しい人から生の声を聞いていくのがいいのかなぁ?調べ方が悪かったのかなぁ?ちょっと考え直して、またリサーチの方法を考えますです。


2006/7/13 (木)
財務

今日は税理士&会計士の人とお話。これではいけないと思いながら、お金や数字の話になるとてんでダメな私。一生懸命聞こうとしても話が頭の中にストックされずに右から左へと流れてしまうのです。もう大人なんだからきちんとこういうことも出来ないとね、、、。


2006/7/14 (金)
山姥

今日、渋谷に用事があって、その帰りにあの有名なスクランブル交差点の所にあるスターバックスへ行ったら、いましたよ、いましたよ、“やまんばちゃん”たちが!!初めて見ました“生やまんば”!!あの人たちは本当に違う☆の人たちだね。他の人たちとは完全に違うオーラを出していました。スターバックスからガラス越しにスクランブル交差点を行き交う人々を見学するのはすごく面白かった!日本って面白い国だなぁ、と改めて思いました。ヘンだよ、ヘン。すごく。なんか飽和してるね。特に渋谷の街は。


2006/7/15 (土)
会議

編集者の後藤繁雄さんが二人で何かやったらいいと思うんだよね、と写真家の在本彌生さんを紹介してくれました。3人で色々なことを話ながら何をしようか?何がしたいか?とあれこれ考えている時間はすごく楽しい。無駄話の中から一緒に出来そうなことが朧げに浮かんできました。上手く行けば結構楽しい企画になるかも?じょじょにこれから詰めて行かれたら、と思っています。


2006/7/16 (日)
全生

中田英寿選手の引退についての特番を見ました。まだ20代なのにあれだけ的確に色々なものが見れているのは本当にすごいと思います。そして、あれだけ全力で物事に突っ込んで行かれるのはすごいと思います。頑張るとか一生懸命やるとか、そんなことは当たり前のことで、そこから先をどうクリエイトしていくのかが問題なんだ、なんてことを言っていましたが、本当にそうなのだと思います。だから「頑張っていて偉いねぇ」なんていうのはナンセンス。100%以上にやらないと見えて来ないものだからね、、、。な〜んてことはもちろん私だってわかっているのだけれど、ついつい自分に甘くなってしまうのも人間で、、、。そのついつい甘くなってしまう自分に鞭打つにはやはり精神力を鍛えなければね。でも、人生ってさ、上手く出来ていて、やっぱりそれぞれの人にそれぞれの試練のようなものがちゃんと与えられているから、それをきちんと逃げないで受け止めて、まっすぐ前に進んで行けば自然に精神力はついてくるもののような気がするのです。目をそらさずに冷静に自分のことを見つめ、自分に起こっていることをきちんとクリアーしていくって結構大変なことだけど、みなさま、ひでを見習って“全生”(全部を生ききる!)しましょう!


2006/7/17 (月)
伴侶

「君に読む物語」という映画を見ました。よいお話だったぁ。。。ココロとココロで繋がっている人と出逢えるって本当にステキなことだなぁ、と思いました。そして誰かを愛し続けるってステキだなぁ、とも。こういう“伴侶”とともに生きられる人は幸せですね。


2006/7/18 (火)
熱帯

久々の雨。そして涼しい日。昨夜は久々に気持ちよく寝られました。
ムシムシと熱帯夜が続いていたからねぇ。アジアの湿度はわりと好きなんだけど、東京の湿度はなんだか人工的に出来上がっているようでどうも苦手です。体が疲れるね。怠いし、むくむし、汗掻いてもスッキリしないし。品川に建ったビル群が海風を遮っているそうです。それが風通しを悪くしているから都心に熱が溜まるのね。ほら、やっぱりお金儲け主義の人間のせいだ!!なんで、こういうこと考えて建物を建てないかなぁ。噂だけど、徳川幕府は風水を使って町づくりをしたからあれだけ長く続いたなんて話を聞いたことあります。そういうことってやっぱり気にした方がいいと思うんだけどなぁ。だって、風水なんて気の通りをよくするための知恵でしょ?気の通りがよくなったら風の通りもよくなるに決まってるのにね。


2006/7/19 (水)
伊勢

伊勢神宮に向かって出発!明日伊勢神宮で取材があるのです。初めてのお伊勢さん、楽しみだにゃあ〜。


2006/7/20 (木)
神宮

ご来光を眺めようと早起きしたのに残念。今日は曇り&雨で見られませんでした。でも、早朝の伊勢神宮はやはり素晴しかったです!!鳥居の向こう側からもう空気が違うのがわかります。聖地でしたよ、本当に。外宮と内宮があるのですが、それぞれにまったく雰囲気が違っていました。外宮は豊受大御神が祭られていて、衣食住を司る神様だそうです。とても森が深く、静かで重い雰囲気を持った男っぽい感じ。一方、内宮は天照大神が祭られており、光と空気を沢山孕んでいる女性っぽい感じ。それぞれに雰囲気が違っていて素晴しく、男はこうあって、女はこうあるべきなのではないか?とそれぞれの佇まいを感じながら思ったのでした。たぶん、そうあることが陰陽のバランスが取れることであり、しいては世界のバランスが取れることに繋がるのではないかな、と。とにかく!その雰囲気を口で説明するのはとても難しいので是非是非それを感じに行ってみて下さい。ステキな女性の佇み方が感じ取れるはずです。


2006/7/21 (金)
女性

最近『女という生きモノ』についてよく考えます。昨日の伊勢神宮の内宮の雰囲気然り、岡本太郎さんに長年付き添った敏子さん然り、開けているんですねぇ、ココロが。(表参道の岡本太郎美術館に飾られている敏子さんの写真を見て下さい!)光と空気をその体に沢山含んでいるんですよ。直感的で、頭より体が先に動くんです。だから大地と繋がり易い。存在が明るいのです。女性の役割ってそんなところにあるんじゃないかなぁ?今日は一日そんなことを考えていました。『女という生きモノ』これが私の次のプロジェクトのテーマです。


2006/7/22 (土)
調査

色々と調べなければならない事があります。あれこれと考えなければいけないことがあります。でも、ちょっとずついい感じに形になっていきそうな予感です。


2006/7/23 (日)
雑学

今日はのんびり本を読んで過ごしました。サラーム海上さんの「エキゾ音楽超特急」という本、知ってますか?TV BROSで連載されていたものが本になったのですが、世界中の音楽を旅して書いたそうです。おもしろいよぉ〜。力抜けてていいのです。旅と音楽の好きな方、是非是非読んでみて下さい。


2006/7/24 (月)
採集

調べものがあって図書館に行ったら、お休みだった。そうだぁ、今日は月曜日でした。仕方がないのでインターネットで調べもの。あれやこれややっているとあっという間に時間ってたってしまうのですね。おそろしや、PC。メチャメチャ便利だけどね。


2006/7/25 (火)
感謝

モロッコを舞台に本を作りたく、企画書を持ってモロッコ大使館に。本当にお世話になっています。そして、モロッコ大使館が色々とバックアップをしてくれる事になりました。感謝。感謝。と言っても、まだまだ制作までにはやらなければいけないことがいっぱいです。モノを創るって、創作以外にも大変なことが沢山あるのですね。今まで、ずっと人から頂いた仕事ばかりをしてきたので、ものすごくいい勉強になっています。例えば映画の撮影に入る前の数年って色々なスタッフがこうやって一生懸命夢を実現すべく動いているんだなぁ、と思うと、今、経験していることも今後に活かせるのではないかと、、、。とにかく人独りでは何も出来ないってことなのかな?


2006/7/26 (水)
打合

今日は打ち合わせの日。色々と進めていることがあって、その打ち合わせ。『女』プロジェクトとモロッコ・プロジェクト。どちらも楽しそう。そして、じょじょに形が見えて来ています。


2006/7/27 (木)
前世

食事に行ったら偶然友人と遭遇。な、なんと!その友人、江原さんのように人を透視出来ると一緒に飲んでいて、私もちょっとだけ見てもらいました。やっぱりインドと縁が深いらしいです。そして私は前世詩人だったことがあるらしい。なので、ココロを“言葉“や“声”にのせて伝える人だと言われました。なんかねぇ、嬉しかったです。だって、私が今進めているプロジェクトはみんな今日出たキーワードとシンクロしているのです。面白いねぇ。


2006/7/28 (金)
重心

人ってちょっとしたことですぐにグラついてしまうんだなぁ、、、、と思った日。それってまだ中心が出来てないってこと?我ながら情けない感じでした。ちゃんと丹田に力入れて、自分の道を信じてまっすぐ前を見て歩きましょう!


2006/7/29 (土)
振子

オダギリジョーくん主演の「ゆれる」という映画を見に行きました。いやぁ、よかったです。心の奥底に流れている、自分でもよく掴みきれていない本当の感情がふっと波間に顔を出す。ものすごく危うくて、優しさにも凶器にも変化するそれが、どんなに繊細で恐ろしいものなのか、その表現が素晴しい!音とかインサートとか、カメラアングルとか、ココロは繊細に反応しているのにまるで人ごとのように進められていく芝居の感じとか、、、その全体から醸し出される空気間がその“ゆれ”を作っていたのだと思います。これは結構ヨーロッパで受けるのではないかなぁ?と期待しているのは私だけでしょうか???


2006/7/30 (日)
海岸

海に行きました。この夏初めて!!でも、年々人は増えていて、、、しょうがないけど、地元民としてはちょっと残念。久しぶりに幼なじみともゆっくり話せてよかったです。彼女はまた長旅に出ていました。半年以上も!!南米に!!まだ帰ってから一月も立ってないので、向こうの人のような顔をしています。眼光が鋭くて、チャクラが開きまくっていて、感覚が冴えている感じ。ワイルドでとってもステキなのですが、本人曰く、その状態で日本にいるのもちょっと辛いらしい。(笑)


2006/7/31 (月)
連鎖

音楽ライターのサラーム海上さんとお会いしました。サラームさんは旅好き&音楽好きで、その様子はテレビビブロスで連載され、本『とびだせジャパニ!エキゾ音楽超特急』になっています。この本、すごく面白い!初めてとは思えないぐらい気さくないい方でした。何かを始めるとそれに伴って色々な人と出逢ってくるから面白いですね。そして新たに何かが起こってくる、、、この連鎖反応が面白い!!




(c) TSURUTAMAYU 無断転載・引用を禁止します。