2006/2/1 (水)
制作

ヨガに行ってからカバン制作の続き。毛糸で刺繍するとこにしたらものすごく大変になってしまった。でも、断然その方がいい!!可愛いカバンが出来そうです。


2006/2/2 (木)
完成

バック完成!!とっても可愛いバックが出来上がりました。
思ったより時間かかったぁ。でも、よいよい。早速、今日のお出掛けに持っていきました。


2006/2/3 (金)
色気

ファティ・アキン監督の「愛より強く」の試写会に行きました。物語をより色濃く、激しくするために創ったシナリオの展開が、時々スムースさをなくしていたように思いました。でも、主演のビロル・ユーネルはとってもいかれていて、セクシーでサイコー!!GW・シアターN渋谷にてロードショーにて公開。


2006/2/4 (土)
充電

朝起きたら晴れていたので鎌倉へ。知り合いがカフェで手作りのお雛様の展覧会をしていたので見に行きました。かしこまっていなくて人間味溢れるお雛様で、とっても可愛らしい。そして夕方これまた知り合いのパン屋さんにお茶を飲みに。ここのパン屋さん、酵母パンでとっても美味しい。そして何よりも、のんびりしていて、そこでゆっくりお話しながらチャイを頂いているとなんとも幸せなひとときを過ごせるのです。充電。充電。ってそんなに疲れるようなことは何もしていないんだけど。(笑)


2006/2/5 (日)
少年

我が旦那さま石坂浩二さん(「氷壁」土曜22時からNHKにて一緒にドラマをやっています)のお宅におよばれ。美味しい手作りのお食事を沢山振る舞って下さいました。年始にオンエアーした「ウルルン滞在記」(石坂さんがスペインにイベリコ豚の取材にいったのです)を見て石坂さんってお料理上手なんだ!とは知っていたものの、こんなにお上手とは!!そして料理の本も出されていたのを知っていましたか?本当に多趣味です。びっくりします。そして、何にでも興味を持ってトライされている姿が素晴しいです。お家には石坂さんのアート作品が並んでいました。ご趣味のアンティークのコレクションが並んでいました。可愛いわんちゃん達と美しい奥様がいらっしゃいました。好きなものに囲まれて過ごしていらっしゃる感じがとっても伝わって来ます。普段の石坂さんは、知識豊富な年輪が深く刻まれているやんちゃな少年のようでした。


2006/2/6 (月)
修行

インドでヨガ修行をしてきた友人が遊びに来ました。ひと月アイアンガーヨガのセンターで勉強し、その後はリシケシという所で再びアシュラムに入っていたそうです。話を聞けば聞く程羨ましい。インドという土地は本当に身も心も開かせてくれるような空気感があります。あれは一体何なんでしょうねぇ。インドから戻ったばかりの友人もまた、第三の目の辺りが開かれているように思いました。行く前よりもずっと目の奥が開いて輝きを増しているようなのです。

その友人が「日本に帰って来て、やはりここはとても住みづらいところだなぁ、と改めて感じるんだけど、こういうところだからこそヨガは必要なのではないか、と思うんだよねぇ」といっていました。なるほど、そうだよなぁ。。。


2006/2/7 (火)
創作

洋裁の日。先日可愛いカバンが出来たので、その雰囲気を活かしてスカートを作ってみようと思いチャレンジ。なかなか良さそうなのが出来そうなのだけれど、何と言っても刺繍をしなければならないので大変。今日は構想を練るだけで終わってしまいました。でも、まぁ、急ぐわけでもないので、ゆっくり可愛いのを創くろーっと。


2006/2/8 (水)
撮影

レスリー・キーというカメラマンがアジアのミュージシャンや俳優を使ってポートレート写真集を創りたい!というので協力することに。今まで撮った写真を見せてもらったのだけれど、いやぁ、すごい!チャン・ツィー・イーから松任谷由実、浜崎あゆみに至まで、こてこてな衣装を着て、こてこてに撮影しているのです。スタイリストの長瀬哲郎さんと相談して、私は民族衣装を着る事に。創り過ぎると寒くなるし、あまりにシンプルでも他のページと釣り合わないし、またレスリーの好みからも外れてしまうので、ちょうどいいラインをねらいたく悪戦苦闘!何度かヘアーメイクをやり直しながら結局良い所に落ち着きました。やはり、こういう時は往々にして始めはやり過ぎてしまい、じょじょに削げてくるといい感じのところに落ち着くのですね。あ〜、楽しかった。


2006/2/9 (木)
取材

今度やることになっているユネスコ60周年記念番組の関連取材7本。いやぁ、さすがに一日に7回も同じ話をしなければならないのは疲れました。数を重ねるうちにだんだん話した気になってきてしまい話がどんどんシンプルになっていってしまいます。反省。いよいよ今週末からはこの番組で知床にいってきます。流氷です。寒いだろうなぁ。。。


2006/2/10 (金)
系列

今日は新しい先生にヨガを習いました。先生が違えばヨガの内容も変わってきます。今日の先生はアシュタンガ・ヨガの人でした。一体自分にはどのヨガがあっているのでしょうか?まだ謎です。色々試して、その内しっくり来るヨガを追究して行きたいと思います。でも、まぁ、今の段階では初歩中の初歩なので、とりあえず基本練習というところです。まだ、始めて一年位だしね。

こんな感じで3年はやってみないとわからないでしょうねぇ。がんばろーっと。


2006/2/11 (土)
天使

友人が「どうしてもまゆちゃんに紹介したい人がいる!」といって紹介してくれたのは普段はアップルコンピューターに勤める不思議くんでした。彼は例えていうなら人間の中に紛れ込んでいる神様の使いのような人です。っていうとものすごーく怪しい人に聞こえますがちっとも怪しくなく至って普通の男の子。でも、ちょっとだけ普通の人が見えない物事の裏側まで見えてしまうようなところがあるようです。しかし!この日記をアップしてくれている竹中くんもそうですが、コンピューターにディープに携わっている人にはディープな人が多いよう気がします。でも、そりゃあ、そうだよね。コンピューターの中の世界だってanotherworldなんだもの。それにしても、今日はその不思議くんとディープに話が出来たので楽しかったです。


2006/2/12 (日)
氷河

氷河を見に知床へやって来ました!物凄い景色です。氷河は雪の荒野のように遥か彼方の地平線まで広がっていました。これは初めてみる景色です。生まれて初めてみる景色なのです。そして、今日はその上を歩きました。氷河の上は何メートルもの厚さがあって、それぞれがぶつかり合ってくっついて固まっているにも関わらず、やはりどこか足の下から海水が沁みてくるような感覚があり、そして不安定な感じさえするのです。重力が上手く取れないというか、、、。

それにしても、とにかく、とにかく、こんなに大きなものがシベリアからの寒気によって創られ、そして、遥か彼方の日本まで流されてくるなんて、それ自体があまりにすごくてびっくりなのです。昔、地理の時間に地形がこうだから海の流れはこうなって、こうなって、、、と色々と説明されたように思いますが、実際にこうやって流氷の上に立ってみるとその自然の作り出す空気の流れや海水の流れ、そしてそこから来る自然の力を感じずにはいられません。いやぁ、びっくりです、びっくりです。良い経験でした。


2006/2/13 (月)
底力

朝海へ出かけると、昨日、流氷で埋め尽くされ雪の荒野のようになっていた場所は無くなっていました。あんなにぎっしりと固まってくっついていた流氷がみなばらばらになって沖へと流されていたのです。といっても全部ながされていたわけではありませんが、海水が見えシャーベット状の海に変化していました。たった一夜でです!やはりうねりの力は強いのですね。春になり流氷が無くなる時、時にはたった一夜で無くなってしまうこともあるそうです。でも、昨日と今日の様子を見て、それも納得!自然の底力ってすごいんですねぇ。


2006/2/14 (火)
極寒

今日は知床の国立公園の山の中をスノーシューを履いて歩きました。今の季節の方が熊も出ないし、歩きやすいのだそうです。シカに遭遇したり、クマゲラという天然記念物のキツツキに会ったり、実際に会えなくても雪の上には色々な動物の足跡がありました。森にはやはり沢山の住人がいるようです。フレペの滝という所まで歩いたのですが、な、な、なんと!滝が流れたまま凍っていました!びっくりです。しかも、滝の上の方は海から吹く風に水しぶきがあがり、そのまま凍っているのです。そして、滝は流氷へと続いています。こんなに寒いところは初めてだったので、初めて見る景色ばかりでした。


2006/2/15 (水)
対話

今日はアイヌの人たちにチャシでお祈りをしてもらいました。チャシとは沖縄でいうウタキのような場所です。つまり聖地。今日祭事を行ってくれた結城さんは20代後半の自分探しの時期にインディアンの本を読んで、昔おばあちゃんが話してくれたアイヌの知恵のことを思いだし、アイヌ文化を見直し始めたそうです。幸い、極わずかではありますが、北海道にはまだアイヌの教えを知っている長老がいます。結城さんはその人たちを訪ね、再び学んでいる最中だとか。結城さんは自然との対話が必要だ、と言っていました。自然との対話が出来るようになった時、自然は私たちに色々なことを語りかけてくれるのでしょう。


2006/2/16 (木)
対話

久しぶりに学生時代の友人とゴハンを食べに行きました。気がついたら夜中の1時になっていてびっくり!時間がどこかに飛んで行ってしまったかのようです。かれこれ20年以上の付き合い。中学生の時から大学卒業するまで同じクラスだったのでお互いにあんなこともこんなことも知っているのです。(笑)

でも、いくつになってもそんなに変わらないのですね。もちろん通り過ぎた年月分の成長はしているけど。本質は一緒です。この本質って一体どこから形成されるのでしょうね。授かったものだったり、育った環境だったり、色々なんだろうけど、、、。本当に十人十色で面白いです。


2006/2/17 (金)
途中

一つの事柄が解決され、また次の事柄が始まっていきます。

さぁ、さぁ、この川はどういう道のりを辿って流れて行くのでしょうか?


2006/2/18 (土)
職人

知り合いのスタイリストさんに衣装を借りに行きました。アラスカの後の奈良ロケの衣装です。それから目黒にあるお気に入りのそばやさんへ。あまりの美味しさにニコニコしならが蕎麦を食べていたら、中から蕎麦職人のおじいさんが出て来てくれました。お客さんも私たち以外にいなかったので店内でお話をしていたら、そのおじいさんは「どうしたら美味しい蕎麦になるのだろうかとあれやこれや研究しているとね、ときどき“そうか!”という発見があるんですね。それが楽しいんですよ。最近また、発見したことがあってね。まだまだこれからも発見があるでしょうね」と話てくださいました。いつまでもいつまでも、いくつになっても進化し続けているおじいさんを見て「こうでなくちゃ!」と元気を沢山もらいました。


2006/2/19 (日)
骨董

大江戸骨董市に行きました。ここの骨董市はなかなかgood!です。

今日は昔ホテルのレストランなどでクリーニングの時にナフキンを止めていたピンというのを沢山購入しました。コートなどに沢山つけたら可愛いかも?


2006/2/20 (月)
雄叫

針行って、マッサージして、ヨガ行って。明日から嵐のような日々が始まるので体調を整える日にしました。よし、よし!!戦闘開始です。がんばってのりこえるぞぉー!おーっ!!


2006/2/21 (火)
飛行

アラスカへ・・・。

な、な、なんと!アラスカへは直行便だと6時間ちょっとで着くのです。飛行機に乗り込んで、ゴハンを食べて、ゆっくりしていたらあっという間に寝る時間がなくなってしまいました。でも、朝の7時過ぎについて、そのまま明け方まで撮影予定だったので、少しでも寝ようと1時間ぐらい頑張りました。目が覚めると外は夜から朝を迎えるトワイライトゾーン。とても神秘的な美しい時間です。寒さのせいか飛行機の中から見えるいつものそれとは随分違っていました。いつもよりずっと、静かに研ぎすまされたようなウツクシサがあったのです。これから始まる旅にちょっとだけドキドキしました。もしかすると、想像以上にいい所かも。。。


2006/2/22 (水)
極寒

空港から外に出るとうあわぁああああ、吹雪です。Fairbancsで風が吹くことなどあまりないそうです。気温はマイナス20度はない、とコーディネーターの人が言っていました。マイナス20度の見分け方は息を吸った時に鼻毛が凍るかどうか?らしいです。鼻毛は凍らなかったので、マイナス16、7度だったのでしょう。それにしてもこちらの寒さは半端ではありません。寒さの粒子が細かく、毛穴から内部へと寒さが浸透してくるのです。はぁ、、、これからどうなるんだろう?こんなに極寒で、、、。

町中で少し歩きのカットを撮り、こちらに移り住んでB&Bを経営しているロブさん&かずみさんの宿へと向かいました。今回の旅のテーマは世界遺産とそこに移り住んで宿を経営している日本人にスポットをあてています。ロブさんはとっても優しいご主人、お仕事は大工さんで、かずみさんをこの地へ招くためにあたたかいお家を用意してくれたそうです。そして、今では二人の間に可愛いおませなおちびちゃんがいます。このB&Bはかつて買ったふるいお家を改装してロブさんが造り、かずみさんがインテリアを担当しています。とても清潔感のある、アットホームな素敵なところ。ここでちょっぴりくつろいだ後はオーロラを観賞するためにこれまた日本人の熊谷さん夫婦が営んでいるロッジへと向かいました。町中からは車で50分位行ったところにある山の中のロッジです。この二人もまた可愛らしい夫婦。アウトドアが大好きで、本当に仲良しのほんわかカップルです。今日は生憎の雪模様でしたが、夜中には雪がやみちょっとだけオーロラが見られました。でも、色も白だったのでちょっと物足りなかったかも?気がつくともう3時過ぎ。もしかしたらいいのが出るかも?と後ろ髪を引かれているうちに明け方になってしまいました。寒さと寝不足とで今日はふらふらです。


2006/2/23 (木)
先住

今日はアラスカの原住民アサバスカン・インディアンのロバートに会いに行きました。ロバーロの奥さんはオオカミの顔を手袋にしていました。本物のオオカミです。目はビーズで作られていて、両手にはめているのでパペットマペットのようでした。(笑)まずは氷に穴を空けてマス釣り。なんと!まぐれにも数分のうちに2ひきも釣れました!!みんなびっくり!!私もびっくり!釣り糸の動かし方がよかったのかなぁ?わらかず・・・なので、やっぱりまぐれ?それから犬ぞりで少し遊ばせてもらい、先程の魚を焼いて食べよう!ということになり火をおこし焼きました。だんだん美味しそうに焼けて来たころ、ロバーロと奥さん、そしてロバートのお姉さんにお話を聞きました。アサバスカン・インディアンの神話や昔の生活スタイルのことなど、、、。でも、先日訪れた知床の先住民であるアイヌと一緒で、後から来た傲慢な人たちにその生活が追いやられてしまったそうです。そう、、、こういう先住民の人たちに会うといつもそういう話がついてまわります。本当に哀しいです。どうして彼らの生活と彼らの住んでいる場所というものを尊重しながら共存出来なかったのでしょうか?そういうことが出来ないから、今の人たちは自然とも共存出来ないのだと思いました。そして、自分もまたそういう人たちの中の一員なのです。違う!と思いたいけど、その子孫であることは間違いないのです。残念ながら、、、。でも、少しでも!!なくならない内にそういう先住民の人たちから色々なお話を聞きたいです。お話を聞くというよりも、本当はその人たちと同じ空気を吸っていたいのです。だって、その人たちはみな深い深いまなざしと温かさと、そして厳しさを持っているからです。そんな思いがいっぱいになったころ、お話が終わり先程の魚を食べよう!ということになりました。焼き上がった魚はお皿にのっていたのですが、な、な、なんと!!口に入れたらカチンコチン!

あっという間に冷凍です。しまったー!!今日はマイナス20度前後。そりゃあ、あっという間に凍ります。でも、ホント、ここの国はちょっとモノを外に出していると何でも凍ってしまうのです。


2006/2/24 (金)
氷国

今日は朝4時半出発。毎日寝る暇がありません。睡眠は移動中にちょこちょことっていないと体が持たないのです。時差もなにもあったものではありません。もう体は時間がぐちゃぐちゃになっています。でも、このまま突っ走るしかないようです。今日は朝4時半に出発してどこに行ったかというと、アンカレッジに飛行機で向かい、そこからセスナ機で世界遺産にもなっている氷河で有名なランゲル・セントイライアス公園に出かけたのです。目の前に広がる氷と雪で覆われた山々があまりに壮大で、250キロものスピードで飛んでいるにも関わらずちっとも進んでいないように見えました。そして、私は生まれて初めて氷壁を見ました!これは冗談ではなく、私の頭の中ではずっとドラマ「氷壁」のテーマソングが流れ、ずっとこんな所を登るクライマーのことを考えていました。何故何故?何故こんな生命のかけらも存在していないような所を命をかけて登るのだろう?雪山を過ぎるとそこには大きな氷河がありました。氷河が海に突き出ているのです。氷河はもこもこと割れてソーダ水のような色をしていました。あのソーダのアイスキャンディーのような色です。今まで氷河はいくつか見た事がありますが、一番迫力がありました!本当に、タイムマシーンに乗って、氷河期に戻って見ている景色のようでした。6時間近くにおよぶ飛行です。フェアーバンクスに戻ってからまたまたオーロラを見に行きました。みんな疲れていたけれど、やはり後二晩しかないので見に行かないわけには行きません。夕食を食べ、夜の12時過ぎに山のロッジへと向かいました。待つ事数時間、キレイなキレイなオーロラが出現!!今日のオーロラは空いっぱいに広がりました。色はやや緑がかった白です。帯状になっていて、波打ちながら動いていました。宇宙にいるような気分です。って地球だって宇宙の一部なんだけど。(笑)でも、あまりに神秘で静かにしていないと姿を消してしまいそうで、、、ここフェアーバンクスは本当におとぎの国のようです。ムーミン谷のようなのです。帰り道もダイヤモンドダストがきらきら舞い、樹氷が輝き、魔法のかかった時間のようでした。


2006/2/25 (土)
貫徹

氷河もキレイに撮れ、オーロラもキレイに撮れ、撮影は完璧です!!

それで、今日はゆっくりスタートしよう!ということになり、昼開始になりました。だって、昨日も宿に戻ったのは朝の4時過ぎです。ということは結局24時間働いていたことになるぅううう!!宿で少し撮影をし、町の歩きカットを撮り、お土産にスモークサーモンを買いに行きました。夜はみんなでレストラン。宿の一人娘アリサちゃんも一緒に打ち上げです。いやぁ、ハードだったけどよい撮影でした。フェアーバンクスは本当にいい所!もう今では寒い=気持ちいい!になっています。ものすごい変化。(笑)ここのところ、知床、アラスカと寒い所が続き、大分寒さに対する免疫がついてきました。いやぁ、よかったよかった。食事から戻って、リビングでコーヒーを飲みながらわきあいあい。こういうアットホームな宿は我家にいるようで、ほのぼのして心休まります。宿のオーナーのロブ&かずみさん、そしておませな愛娘アリサちゃん本当にありがとう!!楽しかったです。


2006/2/26 (日)
帰国

アリサちゃんと仲良くなっていたので、帰る時にはちょっとは寂しそうな顔をしてくれるかなぁ?なんて期待もしていたんだけど「また来るでしょ?」って明るく言われてバイバイされてしまいました。(笑)日本に着いたのは飛行機が遅れて結局3時頃。明日から奈良にロケなので急いで荷造り。なんか、ロケ続きです。


2006/2/27 (月)
移動

「明日は朝の5時半お迎えです」って昨日マネージャーから書き置きが!!あまりにあまりです。(涙)でも、毎日オーロラ見たりして時間がぐちゃぐちゃだったので時差はなさそうです。っていうか、もう体はわけわからなくなっています。仕方がないのでこのまま後数日突っ走ることにします。って、もう奈良なのさっ。昨日までアラスカでサーモン食べてオーロラ見てたのに、今!目の前にあるのは奈良の大仏です。なんてこったい。(笑)こんなに早いスピードで移動していたら絶対に寿命が縮まる!!


2006/2/28 (火)
童心

奈良国立博物館の西山先生にお会いしました。西山先生は江戸時代に奈良の大仏さま&大仏殿を修復した公慶上人という偉いお坊さんの研究をしている先生です。というか、公慶上人に恋をしている先生です。これは冗談ではなく公慶上人を誰よりも尊敬し、愛しているように思いました。一緒に東大寺の屋根裏部屋に上がった時に突然歌を歌い出した先生、そして、公慶上人が日本中を歩き回って探したという大仏殿を支える二本の柱に触れた時に流した先生の涙、忘れることが出来ません。先生はとてもチャーミングな人なのです。もしかすると人からはちょっと変わっている人、と思われてしまうかもしれませんが、先生はとっても愛らしく、ピュアな人でした。西山先生のこのチャーミングなところが番組にも出ていますように・・・。




(c) TSURUTAMAYU 無断転載・引用を禁止します。