2005/12/1 (木)
交流

コンビニで撮影&ポスター撮り。コンビニの店員さんも色々と決まりがあって大変なんですね。金額の伝え方から袋の渡し方、全てにマニュアルがあって、何だか慣れなかったです。でも、これってどうなんだろう?こんなふうに全てがマニュアル化してしまうと、タバコ屋でおばあちゃんと世間話なんて風に、レジで店員さんと立ち話、なんてシチュエーションはなくなってしまうんだろうなぁ。こういうところからも現代のコミュニケーション不足のシチュエーションが伺えると思ったのは私だけ?


2005/12/2 (金)
色気

オーチャードホールにフラメンコスター・ラファエル・アマルゴの「エンランブラオ」を見に行きました。フラメンコももちろんあったけれど、映像を使ったり、他のダンスも盛り込まれていて、とってもエンターテイメントな出し物でした。
ラファエル・アマルゴはフェロモン溢れるセクシーな男性で、私の前列の叔母樣方は黄色い声をあげておりました。(笑)やはり!ヨン様と同じではないけれど、彼も女性の&heats;の掴み方をとっても心得ている!!


2005/12/3 (土)
素直

フランスのワインシャトーのオーナー「シャトー・ル・ピュイ」のアモロさんとお食事。昨年撮影した「地球大交流キャラバン」という番組の中で取材に行ったのがきっかけで、来日なさる時はお食事をご一緒させて頂いています。相変わらず、すてきな夫婦。そして、今日も「シャトー・ル・ピュイ」の美味しいワインを沢山頂きました。いつものことながら、ここのワインは本当に素直で、酔い方もまっすぐ気持ちがいいのです。やはり、有機農法でぶどうを作っていて、全ての作業を手作業で行っているからでしょうか?体にもこころにも気持ちよく浸透してくるワインです。


2005/12/4 (日)
心配

クランクアップです!今日の撮影、私と石坂さんはタクシーの中だったのだけれど、玉木君はなんと!さむ〜い中雨降りだったのです。しかも!今日はものすごく時間がかかって夜中の12時を越えていました。風邪ひかなかったかなぁ?


2005/12/5 (月)
番組

「ふしぎの森の冒険 母子グマ 愛と感動物語」(1月9日 10:30〜)制作発表。初めてダイジェストを観ましたが、なかなかよい番組になっていそうです。でも、今日の制作発表用のダイジェストで15分。番組は1時間。色んなもの沢山撮ったのにいっぱいカットされてしまうんだろうなぁ、と思うとちょっと残念。2時間番組になればちょうどおさまるのになぁ。。。


2005/12/6 (火)
葬式

近しい人のお母さんが亡くなられてお葬式に。。。今年はお葬式と結婚式の多い年だったような・・・。今日のお葬式はとっても穏やかで、しっとりとステキなお葬式でした。この夏までお元気でいらしたのに、、、ホント、人の命なんてわからないです。


2005/12/7 (水)
打上

「氷壁」の打ち上げ。武田真治くんと玉木宏くんがユニットを組んで歌を歌ってくれました。かっこよかったよぉ〜(*-*)その他に、プロデューサー&制作チームがハワイアンを。NHKらしからぬ賑やかで楽しい打ち上げでした。


2005/12/8 (木)
冬眠

長野ロケ。今日は戸隠に行きました。もうすっかり鏡池も雪で覆われ、戸隠も雪で覆われ、動物も植物もみな、静かに雪の中にひっそりと姿を隠してしまいました。もう冬です。。。当たり前だけど、そのことをとっても実感しました。長野の四季は豊です。自然が自然に生きています。だからこそ学ぶ事多しだったように思います。


2005/12/9 (金)
生活

秋山郷栄村に行きました。ここは長野の秘境と呼ばれているところです。戸隠どころではなく、雪はしんしんと降り積もっていました。雪国です。
ストーブのそばではお母さんがトチの実を剥いていました。トチの実はとてもしぶく、渋抜きをするまでにとても時間がかかるそうです。渋抜きを終えると、粉状にしてお米の粉と一緒に混ぜて蒸すそうです。そして、アンポを作ります。このアンポが出来るまでに20日はかかるそうです。冬は雪がしんしんとしていて、あまりやることがないので、こうやってストーブのそばでゆっくり作業をするそうです。食事は春や秋に取れた山菜を加工しておいたものをもどして食べるそうです。本当の意味でのスローフード、スローライフを見たように思いました。


2005/12/10 (土)
記念

今日は小暮夫妻と一緒に結婚記念日お食事会。先日オープンしたばかりの3ツ星レストラン「ピエール・ガニェール」でお食事しました。美味しかったぁ!!色んな種類のものをちょっとずつ頂けるのは楽しいです。でも、前菜、メイン、デザートとそれぞれ4.5種類出てきたような・・・。ピッコロの私にはとてもとても食べきれない量でした。久々にお酒も沢山頂きました。今日は酔っぱらったなぁ。楽しい宴でした。


2005/12/11 (日)
忘年

義理の妹家族と一緒にお食事会。本当にステキなファミリーで、いつも楽しいお食事会になります。なんか、あったかいね。


2005/12/12 (月)
連日

はぁ、、、毎日毎日食べ過ぎです。しかも美味しいモノばかり。胃が悲鳴をあげている様です。今日なんて朝起きてからもずっとお腹いっぱい。でも、今日も知り合いの家におよばれしています。肥るなぁ、、、きっと。


2005/12/13 (火)
最期

ガス・ヴァン・サント監督の「ラストデイズ」の試写に行く。この映画はニルヴァーナのカート・コバーンの自殺した、最期の日を描いた映画。「エレファント」も見ていなかったので、ガス・ヴァン.サントの映画を初めて見たのだけれど、根底に横たわる独特のトーンがサイコーにいい!ロッカーの話だったせいもあり、始終自分も一緒にトリップしているような感じでゆらゆら、だる〜ん。カメラワークも面白かった。(2006年・春 ロードショー)


2005/12/14 (水)
因果

「always 三丁目の夕日」を見に行く。昭和30年代を描いているのだけれど、、、、いい時代だなぁ、と実感。モノがないってこんなにも裕福なんだ、、、と思い知らされた感じ。ちょうどテレビが一般家庭に普及し始めた頃の話なんだけど、みんな、一つのテレビに群がってワイワイとお祭り騒ぎ。そんな彼らの笑顔を見ながら「よかったねぇ、よかったねぇ」と心の中でニコニコしながら何度もつぶやいているのだけれど、よくよく考えると、ここからどんどんテレビが普及していって、モノが飽和状態になり、引き蘢りの子供達が増え、世の中はどんよりしていくのです。だから、実はここが不幸の始まりなんだなぁ、なんて思ったりして、、、。でも、その時はまさか40年後にテレビの普及やコンピューターの普及で、こんなにも世の中がおかしくして行くなんて思ってもいなかったんだろうなぁ、と思うと、今、この瞬間にも同じことが言えたりして恐ろしい。だって、今から40年後も、きっと今では想像がつかぬ程、世の中は変わっているはずだもの。。。


2005/12/15 (木)
肉体

アン・リー監督の新作「ブロークバック・マウンテン」の試写に行く。最近ちょっと映画モード。ある夏、一緒に羊飼いのバイトをした男性二人の恋愛物語なのですが、なかなかよかったです。でも、こういう展開は男性同士だからこそありえるのではないだろうか?なんて思ってしまったのは私だけ?もし、これが男と女の恋愛だったらやっぱり別れるか(それでも一生心の中で思っているに代わりはないんだけど)心中か?なんてことになってしまうのではないだろうか?なんて思ったりして。今度、男心(オカマ心?)を調査してみよっと。


2005/12/16 (金)
真空

お台場のMiraikanでプラネタリリウムがオープン!!ここのプラネタリウム、あのネスカフェのCFで唐沢さんと共演している大平貴之さんが監修していて、音楽をrei harakamiさんがやっていて、ナレーションをミュージシャンの原田郁子さん(クラムボン)がやっているというなかなかの代物。いやぁ〜、よかったです!よかったです!東京のど真ん中にいることを忘れてしまいます。音と一緒に星空に溶けていくようです。帰りがけに homestarを購入しました。今日から我が家の天井も星空です。気持ち悪い程無数にある星空を眺めているとなんとも言えぬ気分になってきます。よりどころがなくなってくるというか、浮遊してくるというか・・・。でも、本当は人間の存在なんてそんなものなのかもしれません。無数に広がる星の一つのその中の、無数に存在する人間の一人なのです。とてもじゃないけど、宇宙から見れば地球なんて見えないに等しい位のちっちゃな星で、人間なんて見えるはずもなく・・・そんなことを感じていると、妙にすがすがしい気持ちになってくるのです。なんていうのかなぁ?色んなものを手放せる、というか、、、。手放すも何も自分の今いるこの場所からサイズを引いていくと、色んなものが自分の存在と共に宇宙に溶けていってしまうのです。そこはとても空気が澄んでいて、無音で、全てのものを吸収してまうような、、、そんな場所のように思いました。


2005/12/17 (土)
発想

ずっとずっと気になっていた「エターナル・サンシャイン」という映画を見ました。いやぁ〜、よかった!!このミッシェル・ゴンドリー監督はミュージックビデオを作っている人なので、編集や発想が面白い!!この映画こそ、映像でしか出来ない作品だなぁ、と思いました。是非是非必見です!


2005/12/18 (日)
青春

野田秀樹さんの「罪と罰」を見に行きました。う〜ん、、、私はあまりピンとこなかったけど・・・。でも、松さんの妹役の美波さん、とってもよかったです!
力抜けてて可愛い!!私の中での“みっけもの”です(^^)
そして、夜は友人に誘われコットンクラブにクール・アンド・ザ・ギャングを聞きに行きました。なつかしぃ〜。音楽を聞きながら、自分は80年代の人間なのね、なんてあらためて実感したりして・・・青春時代が蘇ってくるようでありました。


2005/12/19 (月)
音取

NHKのアフレコ。アフレコとは騒音などが煩くて上手く音が取れなかった時などに、後から映像に合わせて台詞を読んで当てはめるという作業です。
今日のアフレコ、長いひとシーン丸ごとだったので、ちょっと辛かった。。。
やっぱり、アフレコはアフレコなので、実際にその場で撮った音のようリアルにはなかなかなりづらいのです。今日とった音をもう少し編集してもう少しリアルに聞こえるように作業はするのですが、今日のままだとなんだか韓流ドラマを見ているようで可笑しかったです(^^)


2005/12/20 (火)
澄空

ガス・ヴァン・サントの「エレファント」見ました。いやぁ、よかったです。
やっぱり、独特の編集は「ラスト・デイズ」に通じるところがありました。
この「エレファント」はアメリカで起こった高校生銃撃事件をモデルにしているのですが、ある晴れたいつもと変わらぬ穏やかな日に、突然やってくる悲劇観がとてもキレイな映像の中とてもウツクシク(恐ろしく)描けているのです。
だからこそオソロシイ。。。こういう若者が世界で生まれているのですね。


2005/12/21 (水)
四十

毎年恒例の本木雅弘さんのお誕生日パーティー。今年は本木さんが ACC賞を取ったこともあり、25歳位からのCF作品をまとめてスクリーンで流しました。
いやぁ、もちろん25歳の時の本木さんは若いのですが、でも、あまり変わっていないです。40歳になったというのに相変わらずウツクシイ。美形ですねぇ。ホントに。そして、やはり、本木さんの作品はどれも面白いです。これもまた彼の才能と彼の周りにいる人たちの才能の結集なのだと思いました。


2005/12/22 (木)
星空

坂本龍一さんのコンサート。ピアノだけのコンサートはやはりいいなぁ。
Happyendという曲をピアノに書き換えていたのですが、今日の私の一番はこの曲でした。なんか、この曲聞きながら涙がポロポロ流れてきた。。。
教授の曲はいつも心の底に触れてきます。静に揺さぶられる感じ。そう、無数の星空の中に自分の存在が消えて行く時のような、そんな感じと似ています。


2005/12/23 (金)
熟女

小泉今日子さんが子供の頃、トリュフォーの「黒衣の花嫁」を見てドキドキした!!と話していたので、借りてみてみた。確かに!ジャンヌ・モローが色っぽい。体つきなどがちょっぴりおばさんなのだけれど、そこがまた熟女の色気むんむんでエロチックなのです。それにしても、子供の頃からこんな映画にエロスを感じていたなんて、小泉ねぇさん、やはりただ者ではない。(笑)


2005/12/24 (土)
仏陀

小暮家でクリスマスお食事会。といっても洋食禁止の豆乳鍋にお稲荷さんに和菓子と言った普通のゴハン。(といってもいつもよりちょっぴり贅沢な素材使いました)ブラックな徹さんの「メーリー・ブッダ!」で乾杯。私は神様はみんな同じと思っているのでどっちでもいいんだけど。(笑)けれども、みんな連日の宴会続きでちょっぴりお疲れ気味だったかも?アイススケート見ながらみんなでワイワイいつもと変わらぬ夜でした。


2005/12/25 (日)
掃除

家のお掃除。いらない服を整理しました。そしたら、夜、弟がお古の服をもらいにやってきた。よかった、よかった。


2005/12/26 (月)
暖体

久しぶりのヨガ。今日のレッスンはプラナーヤマ。呼吸練習のようなものです。なかなか、興味深かったです。でも”これがきちんと出来れば体は冷えません!”と先生に暖房を消されてしまったものだから、冷えましたよぉ〜。(笑)まぁ、確かに手足は冷えたけど、肝心のお腹は冷えなかったかも?もっと上手に出来るようになるといいのかもね。


2005/12/27 (火)
新人

友人の彼女が恵比寿のライブハウスでライブをするというので見に行く。いくつかのバンドが出ていたんだけれど、みんな緊張していて、なんだかウイウイしくって、とっても新鮮。よくよく見ているとカウンターのところにコートを着たおじさまが二人。もしかしてレコード会社の人?こういう所でスカウトされてみんな出てくるのかしら?と想像は膨らんで・・・。それにしても、こういうところでミュージシャンの卵ちゃんたちを見るのは実は初めてなのです。初心を大切にしなくては・・・と歌手になることを夢見ている若者を見ながら思ったのでした。


2005/12/28 (水)
在宅

気分はもうお正月?毎日出歩いているせいかダラダラデー。「リトル・ランナー」の試写用のビデオを頂いていたので見てみました。なかなかよかったです。信じる心を信じさせてくれる純な映画でした。


2005/12/29 (木)
蕎麦

そばの会。「翁」の蕎麦職人さんが蕎麦をうって下さいました。おいしかったよぉ〜。もう町中はすっかり年末ムードです。我が家の近所にある商店街では正月の飾り物を売った露店がいくつか出ていました。そして、人が沢山買い物をしていました。きっと、おせちの準備なのだと思います。日本の年末年始はやはりまだどこかに風情があるねぇ〜。


2005/12/30 (金)
丸餅

お餅つき。ダイスケさんの実家では毎年お餅つきをしています。前の日から餅米を水に浸し、朝から薪割りして、火を起こし、お湯をわかして臼に張り、、、お餅をつき始めるまでに準備が沢山あります。今年は若い男手が多かったので、お餅はどんどん出来ました。女性陣はお昼ゴハンを仕込み、餅米をたく準備をし、出来上がった餅をどんどん丸餅にしていきます。ちゃんと男と女では役割分担が出来ているのです。テレビでよく細木数子さんが「男と女は質が違うのだから」と言っていますが、まったくその通りで、こういう作業をしていると、その感じがよくわかってきます。中山家はみんな手際がよく、働きものです。今年もまた全員がちゃっちゃ、ちゃっちゃ、と動き回り、あっという間に作業が片付いていきました。そして、その日のうちにそのお餅を親戚&友人に発送します。うちの実家などは毎年中山家から送られてくるお餅が楽しみで、今年もちょっぴり期待して、お餅の注文の量をこっそり減らしていました。夕方には全作業が終了し、気がついたらみんなでコタツで眠ってしまっていました。それでも、お母さんはせっせと夕食の準備をしてくれて、私たちを優しく起こしてくれるのです。まったくもって嫁失格の私です。


2005/12/31 (土)
晦日

のんびり起きて、のんびりお正月の準備をしました。お仏壇や神棚の掃除をし、鏡持ちを飾っていきます。出来立ての鏡餅です。カレンダーを架け替えます。お玄関を掃きます。ゆったりとしたよい大晦日です。もうすぐ新年を迎えます。今年もあっという間の一年でした。




(c) TSURUTAMAYU 無断転載・引用を禁止します。