2005/6/1 (水)
仏画

インドのダラムサラでチベットタンカを描いている友人が日本に帰ってきたので、会う。新作も見せてもらったのだけれど、数年前よりも確実に線が美しくなっていた。そして、そこには日本人のルーツを持つ人のアイデンティティーのようなものも組み込まれていた。毎日毎日、無心でタンカを描くという行為そのものが修行であり道なんだなぁ、と思った。そして道を行けば行くほど描かれるタンカの輝きは増していく、、、。


2005/6/2 (木)
気功

気功のクラスに行く。このクラスは中々奥が深くて面白い。呼吸を使って体を解していくと体から気が出易くなるみたい。ココロも安定していい感じ。


2005/6/3 (金)
免許

お財布を取り替えたら、免許証をいれたまま処分してしまったようで、、、。あ〜、馬鹿な私。免許証センターって嫌いなんだよあなぁ〜。でも、無免許で運転するわけにもいかないので、頑張って取りに行った。なんか、エナジー吸い取られる。。。


2005/6/4 (土)
卓球

乗馬のレッスンだったのに、雷雨のため中止。残念、、、。友人たちと卓球をしよう!ということになり、何年かぶりに卓球をする。やり出すと意外と楽しいのねぇ。ついつい本気になって、汗びしょになってしまった。(笑)よい運動になりました。


2005/6/5 (日)
箱庭

「マインド・ゲーム」というアニメが面白い!ということでDVDを見てみる。大阪弁で時々実写が混ざっていて、カット数が多く、ちょっぴり騒がしかったけど、今っぽくて面白かった。主人公はすぐにインナートリップしてしまうんだけど、その時の描写がとてもつぼを得ていていい!思わず「そうそう!こんなカンジ、こんなカンジ!!」と両手を叩いてしまいそうになる。カット割りやアングルも漫画世代ならではの面白さがあり、けっこう楽しめた。


2005/6/6 (月)
運動

運動の日。健美操とアクアビックス。少しづつ、体力もついてきたかなぁ?


2005/6/7 (火)
日程

久々にのんびり家で過ごそうと思っていたのに、航空チケット調べで一日つぶれ、、、。色んな旅行会社に電話して調べるのってけっこう時間かかるのね。旅はまだまだ先なんだけど、一応日程や値段を調べるために色んなとこに電話してみた。ガイドブックも購入。いやぁ、いいカンジのところです。どこへ行くかはまだナイショ。(^^)


2005/6/8 (水)
洋裁

アフリカから買ってきた継ぎ接ぎっぽいアンティークの生地で、スカートを作りました。なかなかカワユイ。


2005/6/9 (木)

今まで書き貯めてきた短編小説のようなモノを読み返してみる。う〜ん、、、何かが足りないんだよなぁ〜。もう少しの丁寧な説明なのかな?
こんな風に数年前から書き始めたり、書き直したりを繰り返していると、数年前に自分が書いたものが急につまらなく思えたり、作品によってはきゅーんとしたりで落ち着かない。たぶん、落ち着かないのはダメなんだと思う。いつ読んでも、よいなぁ、と思えないとね、、、。でも、手紙と一緒でこういうモノは勢いなのかなぁ?今日も少し、読み返して、直しを入れてみたりしました。でも、本当に少しづつだけど、よくはなっているように思います。


2005/6/10 (金)
耽美

VELOURS(ベロア)という南青山に出来た飲食店に行きました。ここは知り合いがオーナーで、ダイスケさんもお店作りを手伝っています。クジャクの剥製やバッファローの首が飾ってあって、壁には割れた鏡、床にはガラスケースにしまわれた動物の罠、などなどでコーディネートされています。これだけ聞くと、なんだかどうなの?という感じでしょうが、ちょっぴりデヴィット・リンチテーストのバロック感溢れるなかなかセンスのいいおしゃれなお店でした。しかも!!食事が美味しい!!ここのシェフはフランスのHiramatsuというレストランのシェフだった人で相当腕のいい人!!久々に美味しいお食事とワインを頂きました。


2005/6/11 (土)
旅癖

どうせ旅に出るならせっかくだから何かに残したいなぁ、と思い、参考までに沢木耕太郎さんの「深夜特急」インド・ネパール編を買ってきた。
まだ、ちょっとしか読んでいないけど、若い時にこういう旅をするのは本当にいいことだなぁ、と思う。見るもの、聞くもの、触れるものの全てが新鮮で、不安と期待が入り交じり。こういう経験は人としてとても貴重なのではないだろうか。だって、そこには人生で味わうであろう感覚の全てが凝縮されているのだもの。私も20代でこんな旅を一度していたらよかったなぁ、と思った。


2005/6/12 (日)
合掌

鎌倉の町中を車で走っていたら、信号待ちの時に買い物帰りのおばあちゃんがお寺の前で頭を下げている姿が目に入った。このおばあちゃん、きっとこのお寺の前を通る度に頭を下げているんだろうなぁ。その姿があまりにウツクシクテじ〜んとしてしまった。。。人の手を合わせる姿って本当に美しいですね。


2005/6/13 (月)
取材

南アフリカの番組の取材。先日、まだナレーション前の編集映像を見たんだけど、やはり、今回の番組は観光案内という枠からなかなか抜け出せないので、向こうで私が感じたことを番組を通して一緒に体感してもらうことはなかなか難しいかもしれません、、、。でも、南アフリカってこんな場所なんだぁ、ということを番組を通して知ることは出来るので、もし、興味を持ってもらえたら、是非是非行ってみて下さい。放送は『虹の国を行く!鶴田真由・南アフリカ紀行』BSジャパン(BS-J)'05年6月25日(土) 21:00〜22:00 


2005/6/14 (火)
色調

「鶴田さんが身に付けるといい色はピンクです。」今日、ランチに友人が連れてきてくれた人は人の色が見えるらしく、会うなりそう言われてしまいました。「ピンクぅうううう!」(笑)だって、普段ピンクなんてほとんど着ないし、、、。
でも、色が何かをもたらしてくれるということはなんとなくわかります。その日の気分によって着たい服の色を選んでいるのにも、きっと理由(わけ)があるはずだし。たぶん、体がその時その時に必要な食べモノを欲するのと同じなのではないかと思うのです。元気のない時や元気を出したい時にはなんとなく赤を選んだり、喪に服していたい時にはなんとなく黒を選んだり、、、なんてことは普通にありますよね?そんな感じのことなんじゃないかなぁ?


2005/6/15 (水)
創作

一日T-shirt創り。プロジェクト・アラバマならぬ、プロジェクト・マユバマ!!
いらなくなったT-shirtを継ぎ接ぎしながら手縫いで作りました。う〜ん、けっこういい感じだけど、、、まだまだ。でも、作り方の感じがわかったので、次作はもっと上手く出来るに違いない!!でも、作ってみるとものすごく大変!一枚つくるのに結局まる2日、かかってしまいました。作ってみるとわかる大変さです。アラバマが高いのにもに頷けます。


2005/6/16 (木)
真実

ヨガの先生が「本当(=真実)とは説明のいらないものです」と言っていました。なるほどぉー!!言葉なんかわからなくったって、説明なんて聞かなくたって感ジラレルモノ、それが「本当」なのですね。


2005/6/17 (金)
現代

今週で終わってしまうので急いで森美術館でやっている「秘すれば花展」を見に行きました。東アジアの現代アートの人たちの作品です。現代美術に今イチ?だった私ですが、そこに“今”を感じれるようにはなりました。現代美術には“今”を表現しているものが多いように思います。時代の気分です。ただ、残念なのは、そこに不変的な要素を感じるものがとても少ないように思うのです。
でも、それをも含めて“今”なのかもしれません。
それでも、最近では、現代美術を見るとほっとする自分もいるのです。今日なんてまさにそうで、「秘すれば花展」の前にちょうど「フィリップ・コレクション展」も同じ美術館でやっていたので見たのですが、「秘すれば花展」の入り口から作品が見えた瞬間になんか急に親近感が湧いたのも事実。やっぱり、私も同じ時代に生きているからかしら?


2005/6/18 (土)
時代

父の70歳のお誕生会。もう70歳かぁ。なんか、信じられません。見た目が若いせいもあるけど、70歳なんていったらもうおじいちゃんではないか!!私が記憶している父は30代か40代です。でも、もうそんな年に自分がなっているのだものね。そりゃぁ、父も年をとるはずだ。。。誰にとってもそうだろうけど、子供にとって父親とはなんでも出来るスーパーマンです。ものすごく頼りがいのある大人なのです。それに、自分は父と母によって生かされているのだしね。それが、あるところから「荷物持とうかぁ?」なんて気づかったりして、、、。そんなふうに気づかえるようになった時には、自分ももうすっかり大人になっている。人間って上手く出来ていると思いません?そうやって色んなことが巡っていくのでしょうね。


2005/6/19 (日)
共存

井の頭公園にタイ・レストランが出来た、というので友人と待ち合わせ。梅雨時の晴れ間の日曜日だもの、やっぱりものすごく公園は賑わっていました。井の頭公園ってあまり行った事なかったけど、意外と外人さんとのカップル、夫婦が多いのですね。みんなが休日の午後にのんびり公園で過ごす、その風景はとっても平和です。NYのセントラルパークで休日を過ごした時もそう思いました。色んな国の人たちが太陽の下、思い思いのことをしながら過ごすその姿は、楽園のようです。みんなで楽しくその場を共有する、そんなに難しいことではないはずなのにね。


2005/6/20 (月)
仙人

ヨガの日。食べ物からエネルギーを補給するって実はとっても効率の悪いことなんですって。その証拠に食べたものの半分以上は排泄されるでしょ?だって。確かに。エネルギーを食べ物以外から吸収出来るようになると、そんなに食べなくたって元気でいられるらしい。だからyogiとか仙人とかって長生きなのかもしれませんね。。。


2005/6/21 (火)
英語

昨日、ヨガクラスからの帰り道、知り合いから他のヨガクラスの情報を聞いたので、行ってみる。というのは、その先生はタイの山奥で何年もお坊さんをやっていたフランス人で、来月にはもう帰ってしまう、と聞いたから、、、。すごく、よいクラスだったけど、英語がよくわからず、説明が全部聞き取れなくて、とっても残念でした。もっと説明している内容がわかったら面白かっただろうに。。。やっぱり英語、勉強しないとね、、、なんてヨガとは関係のないことを反省して帰ってきたのでした。(笑)


2005/6/22 (水)
自然

「エココロTV」の撮影。エコライフについてインタビュー。ってそんなにエコエコというのはあまり好きじゃないけど、、、。でも、普通にゴミの分別したりとか、買い物している時に過剰包装は断るとか、その日に食べられる分だけの料理をする、とか、出来るだけ気分よく過ごせるように気持ちを整えるとか、そんなことはしている。きっと、一人一人がちょっと気を使えばもっともっと大きく変わっていくのにね。


2005/6/23 (木)
園庭

学生の頃からの友人が、お父さんの会社の社長就任したということでパーティーがあった。学生の頃から、いつかは家業を継ぐんだろうなぁ、と思っていたものの、いざ、その時がやってくると、やはり年月の流れを感じてしまう。8年ぶり位に会う友人たちばかりで、なんだか同窓会のよう。そこにいるほとんどが結婚して、子供がいて、、、といった状況で、やっぱりみんな8年分、それなりに年をとっていた。(笑)それでも、そこにある人柄とか、その人の持っている本質のようなものは全く変わってなくて、話し方や、夫婦同士のやり取り(当時は恋人同士だった)などはまったくもって昔のままで、なんだか可笑しかった。8年という時の流れはあるものの、やはり出逢うと一瞬にして相手との感覚は戻るようで、、、その瞬間だけ、ふっとトリップしてしまったようだった。神様からの贈りもののような、そんな一日。


2005/6/24 (金)
雑念

今日は家の掃除の日。本格的に冬物と夏物を入れ替え、箪笥の中を整理していると、やっぱりモノが増えている。あ〜、モノが多いのは嫌だ。。。といっても、どれもあまり処分出来ない。何かの時のため、なんて思って置いておいているものや、年に数回しかないパーティーなどに着るようなちょっとフォーマルなもの、、、そして、着物、、、。本当だったら全部捨てたいものばかりなんだけど、、、。
スーツケース一つが自分の全財産だったら楽なのになぁ、なんて思うことはよくある。でも、現実的にまだ出来ない。なので、モノを買いすぎないように気をつけよう。


2005/6/25 (土)
後援

六本木ヒルズにある森美術館で昼食会。今日は何だか、森美術館を支援している人たちの昼食会とやらで、ちょっと場違いながらも、私も招待して頂き、美味しいお食事と楽しいお話に参加させて頂きました。美術館にも色々とご苦労があるようで、どの世界も大変だなぁ、と改めて実感。映画作りなんかも同じだけど、やはり芸術ごとはパトロンがいないと成り立たないのですね。


2005/6/26 (日)
準備

次にやるスペシャルドラマの台本を読む。よい感じ。全体の流れは淡々としているのだけれど、台本を読んでいるだけで、その場の空気を感じられる、とっても雰囲気のある本だった。やっぱり、上手いなぁ〜。大御所脚本家の描く、その空気は、台詞がなくても充分に伝わる。相手役の役者さんも、ずっとずっとご一緒したいと思っていた人なので、今から楽しみ。撮影は8月中旬から。


2005/6/27 (月)
青空

ヨガの日。今日は午前と午後と両方クラスをとってしまった。おかげでへとへと、、、でも爽快!友人がやってるヨガクラスはとっても気持ちがいい。たぶん、彼女のもっている雰囲気が空間に広がっていくのだと思う。あんなふうに自然に力を抜いて、自分そのままで、愛いっぱいに佇んでいられる姿はウツクシイ!

もっと、もっと広がって、、、どこまでも、どこまでも、、、、、、。


2005/6/28 (火)
矛盾

マエキタミヤコさんと打ち合わせ&お食事。彼女は電通でコピーライターをやっているのだけれど、最近では夏至の日のキャンドルナイトなどのイベントや、エココロテレビなどの企画もやっていて、エコ活動を両手いっぱいに頑張っている、とってもパワフルな人。でも、話を聞いているとキャンドルナイト(夏至の日にキャンドルの光だけで一夜を過ごそう、というイベント)を実行するために何日も前から徹夜が続いていたという。徹夜が続くってことはいつもより電気も使ってるってことで、、、なんだか、矛盾しているような、、、だけど、これが現状なんだろうなぁ、と思った。出来る人から実行していかなければ、スローライフやエコなんて、コトバだけで終わってしまう。だから、出来る人から始めましょう!って本当はそんなに声を掲げなくてもいい事なんだけど、でも、社会現象にまで持って行かないと、大きく広がらないしね。みんながそんな生活を楽しみ出したら、きっとマエキタさんみたいに一生懸命、大衆に広めようとしている人たちにも安らぎがやってくるように思ったのでした。


2005/6/29 (水)
調和

坂本龍一さんがアーティストの高谷史郎さんと京都の法然院にてこっそりライブをやるというので遊びに行く。いやぁ〜、法然院って、緑いっぱいで、本当に気持ちのよい所ですね。お寺のお庭をバックに3面のスクリーンを立てて映像を流し、ライブをやったんだけど、どうやら教授の音楽は自然と呼応しているようで、お庭からカエルやら虫やらがどんどん参加してきて、ものすごいオーケストラになりました。高谷さんの映像も森の木々と溶け合って、デジタルとアナログの融合です。教授はどんどん近づいているね、、、光と影が重なって、光も影も亡くなった時、そこには物凄いエネルギーが生まれ、世界があるんだって。そういえばヨガの先生がそんなこと言っていました。


2005/6/30 (木)
猛暑

せっかく京都だしお寺でも散歩して帰ろう、と思い、ホテルから南禅寺まで歩き、哲学の道まで足を伸ばした。でも、外はものすごい暑さ&湿度。散歩しながらクラクラしてきて、結局甘味やさんに入り、朝からパフェを食べてしまった。(苦笑)




(c) TSURUTAMAYU 無断転載・引用を禁止します。