2005/5/1 (日)
旬菜

今日はダイスケさんのお家から野菜が沢山届いたので、野菜づくしのゴハンでした。お家で取れた無農薬の野菜は美味しいです。そして、旬の物はやっぱりいいねぇ。竹の子料理がいっぱい並びました。


2005/5/2 (月)
休日

なんか、気候がよくて眠たいです。昼頃まで窓辺で風を感じながらごろごろしてしまいました。今頃の風は、優しい緑の匂いを含んでいて、体に優しいです。それから、チベット体操して、ヨガして、、、完全、お休みモード。GWウィークだもんね。なんだか外から入り込んでくる空気まで、ゆるりと休日の波動を醸し出しているようです。


2005/5/3 (火)
風馬

ジンガロの「ルンタ」、もう一度見に行ってきました。やっぱり私は最後にみんながソロ演奏のように馬を乗りまわし、みんなで走り回るところが好き!!そのシーンは本当に会場中に風が周り、その風に乗って、そのままどこかへ飛んで行ってしまいそうで、涙が出てきます。どんどん無重力空間に投げ出されていく感じ。ゾクゾクします。
日本公演が終わると、今度はスイスで公演するそうです。
そして「ルンタ」が終わってしまうと、スタッフ&キャストのほとんどがバラバラに散ってしまうんですって。何だか、ちょっぴり切ないけれど、そういった一期一会な感じが、またウツクシサを呼ぶのかもしれませんね。


2005/5/4 (水)
幻想

中学時代の担任の先生が亡くなりました。そして、今日は告別式。久しぶりに懐かしい先生方に沢山会いました。みんな年とったなぁ、、、って自分だって35歳だからね、しょうがないかっ。棺桶に入った先生の顔は病気のせいでとてもやせ細っていて、蝋人形のようでした。でも、その姿も後数時間すると灰になってしまうのです。その人が“生きていた”なんていう証は人の記憶でしかないんだなぁ、なんて思うと、人が生きているっていうことが、何だかものすごく曖昧なものに思えてきます。だから今、この瞬間に感じていることを大切に感じていこうと再度実感したのでした。


2005/5/5 (木)
幸福

今日は友人の結婚祝いも兼ねて、小暮家で「サクランボ祭」と称したゴハン会が催されました。もちろんメインシェフは徹さん(カメラマン・小暮徹)と浜ちゃん(ミュージシャン・浜崎貴司)。この二人、最近どんどん料理の腕をあげています。昼下がりにみんなでワイワイとベランダで食べる昼食は何とも幸せなひととき。徹さんのベランダ菜園も好調で、色々な所に使われていました。小暮家のステキなところは生活をクリエイトしているところです。そして、何でも楽しんでやっている様子が伝わってくるところです。こういう風に、みんなが仲良しで楽しく過ごす時間は本当に幸せです。神様に感謝。


2005/5/6 (金)
出発

今日からベトナムへ旅行!久々にダイスケさんと二人旅。昨日小暮家で遊んでしまったので、まだ何も用意出来ていず、あわてて旅の仕度。そして、夕方出発。到着は夜の予定。飛行時間=5時半だから楽だね。


2005/5/7 (土)
導入

ずーっと、憧れていたベトナムだったけど、なんか今イチ、、、。もすごい騒音と排気ガス。気分までそわそわしてきて、落ち着かない。ゴチャゴチャしてても“わぁお!”ってな場所だと思っていたのになぁ〜。混沌の中から突き抜ける神聖さのようなものがないんだなぁ〜。まだ自分がこの地に馴染んでいないだけなのかなぁ?そうかもしれないけど、どうだろう?
ハノイ36通りなるところへ行ってみた。いっぱいお店はあったけど、ドキドキするような場所ではなかったなぁ。なんて文句ばっかり言ってるみたいで嫌になる、、、。でも、まだこの街を大好きになれないのが残念。
そうそう道ばたで食べたパパイヤサラダの様なものは美味しかった。銭湯にあるようなプラスチックのイスに座って食べました。


2005/5/8 (日)
弛緩

今日は小雨が降っていたせいと、昨日町中を歩き回ってやや疲れ気味になっていたこともあり、ホテルのプールサイドで読書&ホテルの前にあるエステでのんびり休養した一日。

夕方フォーを食べに出かけたら少し体が町に馴染んでた。

ホテルでのんびりして、マッサージしたから体が緩んだかな?
町と自分の体が6、7分まで合ってきた。
よしよし、この調子だと、もう数日もすれば完全に合ってくるでしょう。
旅の楽しさはそこまで来ないと訪れません。
だから、その一致するまでは、その地でだらだら眠っていたっていいんです。そしたら、きっと、次の扉が開くよ。

夜は水上人形劇を見に行きました。11世紀頃から行われている伝統的な劇なんですって。可愛かったです。


2005/5/9 (月)
藍色

13時から陶器の町場バチャンに行く事になっていたので、その前にひでちゃん(イラストレーター・こぐれひでこ)がハノイで一番美味しかったというホー屋「アイアン」へ行く。とってもシンプルな味付けで美味でした。アイアンからホテルに帰る帰り道、地元の人で賑わっている甘味屋さんがあったので入ってみました。メニューを見てもわからないので、とりあえず隣の人の食べいたコーヒーフロートのようなものを頼みました。これもまた美味。ベトナムのデザートって美味しかったのね。
バチャンではコロニアル風の可愛い食器がいっぱいあったので沢山買ってしまいました。そして、今年、我弟も、我義弟も結婚が決まったので、可愛い弟達のために(というよりは可愛い妹になるお嫁さん達のために?)ティーセットも購入。沢山買い過ぎて帰り道に宅配便に寄って送る事にしたら、なんと200ドルにもなってしまった。。。安い!安い!と買い過ぎて、送り賃のこと考えてなかったのよね、、、。私って馬鹿モノ?でも、まぁ、しょうがないっか(^^)


2005/5/10 (火)
溶体

朝8時から世界遺産にもなっているハロン湾へ向けて出発。昨日のドライバーがとってもいい人だったので、今日も彼に頼みました。ロングドライブだしね。ハロン湾まで約3時間のドライブ。郊外に出るとバイクに乗っている人たちがみんなヘルメットをかぶってた。郊外ではかぶらないといけないらしい。ハロン湾のある町は魅力的とは言えないけれど、いったん船で外に出てしまうと、よくガイドブックなどで見る奇形の山が連なっていて、美しく魅惑的。ソフィテル・メトロポール・ホテルのツアーで申し込んで行ったので船は二人っきりの貸し切りでした。なんとも贅沢な感じ。船の中で頂くランチも美味しかったし、ゆっくりのんびりよい一日でした。
夕方6時にハノイに戻ってきて、シャワーを浴びてから夕食に出かけがてら町中を散歩したけど、もうすっかり体は町に馴染んでいてきた模様。数日前、あんなにうるさく感じた町の喧噪が気にならなくなっている。夜風が気持ちよく感じる。不思議だけど、こっちの状態が変わると、景色の写り方までかわってくるのね。(^^)これって、色んな事に言えるような気がする、、、やっぱりオープンマインドは大切なのだ。だから力を抜いて、ゆっくり呼吸しよう!そうすれば後は自然にことが運んで行くよ。。。


2005/5/11 (水)
熱帯

今日はあつーい!
ムン、ムン、ムシ、ムシ熱帯です。
あまりに熱いので夕方までホテルのプールで日記を書いたり、本を読んだり、、、ダイスケさんはプールで泳いだり、日焼けをしたり、、、。夕方、ハンコ屋さんにハンコを作りに行きました。友人へのプレゼン用&ダイスケさんが私の似顔絵を書いてくれて、それを注文。とっても可愛いよ(^^)出来上がりは明日の夕方。楽しみだよぉ〜ん。

それから町中をお散歩。ダイスケさんは熱いのと、歩くのがめんどーなのとでかなりブツブツ言ってたけど、聞こえないふりしてお散歩続けてしまいました。(笑)町中の屋台で夕食。日が暮れているのにムシムシしていて熱く、道路脇で車やオートバイがうるさく、途中から雨も降ってきてビニールシートを敷いたりと、かなりアジアな感じ満載で、その雑多な感じがよかったです。

湿度と騒音はアジアの必須だね。


2005/5/12 (木)
猛暑

朝から熱―っい!!
本当にベトナムの熱さはクラクラ来ます。こんな熱帯の中歩き回ったら、ホント、倒れる!!今年の夏は日本もこんな猛暑になったりするのかな?考えただけで恐ろしくなる、、、。
と、いうわけで今日は民族博物館&美術博物館に行きました。
ベトナムには沢山の少数民族がいます。その数50以上。色んな民族の人たちの衣装や家や暮らし方などが展示されていました。それにしても民族の人たちのモノって、なんであんなに鮮やかで美しいのだろう?その顔つきと、衣装の色使いを見るだけでドキドキします。無償に血が騒ぐというか、、、きっと私のDNAの中にtribeの血が流れているんだろうなぁ〜、ってそんなのみんなそうっか。でも、特に濃い〜ような感じがする、、、。放浪好きなのもそのせい?でも、ちゃんと戻る場所がないと放浪出来ないのが私の弱っちょろいところ。(笑)やっぱりどこか都会ッ子から抜け出せないのです。

夕方、昨日頼んだハンコを取りに行きました。可愛いよーっ!!
ものすごくお気に入り。ありがとーっ!!


2005/5/13 (金)
読書

今日の夜からSAPAへ・・・列車の旅。楽しみだなぁ〜。
夜行列車なのです。
ということで、今日一日はハノイ。
もう見たい所もないし、、、ちょっぴりハノイにお腹いっぱい気味だし、、、ということで夕方チェックアウトの時間までホテルのプールサイドで読書。川上弘美さんの「センセイの鞄」を読んでいたんだけど、よい話ですねぇ。プールサイドで涙ぽろぽろでした。時間の流れ方や、そこに横たわる温もりにじーん、ときてしまうのです。去年だったか、wowwowのドラマで小泉今日子さんと柄本明さんがやったはず。本を読めば読むほど今日子さんのキャスティングはナイスな感じでした。どんな風にドラマ化したのか見てみたいなぁ。
チェックアウトしてからはちょっぴり時間を持て余してしまい、結局シクロのおじさんに交渉して町中をドライブしてもらいました。湖の周りはキレイだったなぁ。でも、改めてハノイの町は見尽くしたことを実感。

22時発のVICTRIA TRAINに乗ってSAPAへ・・・4人部屋だったんだけど、オーストラリア人のいい感じのカップルと一緒だったので、かえって楽しかったです。


2005/5/14 (土)
紛失

朝6時頃SAPAへ到着!やはりここは標高が少し高いため涼しい。過ごし易いにゃ〜。
ラオカイという駅からSAPAまでは車で一時間ちょっと。以外に遠いです。
SAPAではこの日フェスティバルが催されていました。色んな民族の人たちが店を出して、舞台の上で歌ったり踊ったりしていました。以外と無表情で、やる気のない感じの踊りがよかったデス。色んな民族の人たちがあまりに普通に町中にウロウロしているので、最初は興奮したけど、しまいには民族衣装が学生服のように見えてしまった、、、。しかも、ものすごい土産物攻撃。「土産物を売るために民族衣装着てるのかぁー!!」ってカンジ。最近では農作業とかしなくなって、土産物で生計を立てている民族も多いらしい。可愛いちびっ子の女の子にニコニコされて、思わずこちらもニコニコしてしまうと、ポケットからシルバーのアクセサリーを出して「something buy for me」なんて言われてしまう。「私のために何か買って」なんて台詞、誰に習ったんだぁー!この殺し文句、結構色んな人が使ってました。

夕方、バイクを借りてSAPAの町を探索。気持ちよかったー!!この辺は山に囲まれていてライステラスになっています。ちょっぴりバリのウブドゥーみたい。渓谷の見えるカフェでお茶を飲みました。そしたら、デジカメをどこかで無くしてしまった、、、。今までの旅の写真が全部入っていたのになぁ〜。どこかで落としてしまったようです。拾ったひと、カメラはあげるので、中のカードだけでも返して欲しいよぉ〜。。。誰か拾った人がいて、もしこの日記読んだ人がいたら是非是非送ってください。お願いします。港区麻布十番1-10-3 モンテプラザ麻布403 (株)オフィス・マイティーまで、、、。


2005/5/15 (日)
民族

今日は朝からバックハーへ。ここバックハーには日曜日になると色んなところから色んな民族の人たちが物売りに来るらしいです。昨日は藍染めの服を着たザオ族の人たちが多かったけど、ここバックハーには派手派手衣装の花モン族の人たちが多かった。SAPAからバックハーまで約2時間半!遠かったよぉ。けど、ここバックハーも期待以上じゃなかったです。想像していたよりもずっと土産物チックでした。ちょっぴり残念。その後はガイドの人に連れられてトレッキング。こんなモノが予定に入っていたなんて知らなかったー。でも、今日ハノイに戻る列車はまたもや夜なのでGOOD!しかも、田園風景キレイだったし、タイ族の人たちの所で休憩もさせてもらったし、船で川下りもしたし、よいオプションでした。でも、ものすごく暑かったー!!クラクラでした。ホント、ここはASIAです。

夜、ラオカイーハノイ。


2005/5/16 (月)
眠気

朝、ハノイに到着。駅に到着したのに気づかす、そのまま列車内の部屋で寝ていて、目が覚めた時にはポツンと私たちだけ残されていた。しまったー。(汗)あわててプラットホームに降りて、改札口を出たら裏口で、なんだか怪しいタクシーしかいず、表口に行こうと思ったら、もうプラットホームには入れてもらえず、、、しかたがないので、駅の裏通りのようなところをトボトボと眠気眼のまま歩いた、、、。たしかホテルまで歩くには遠かったよあなぁ。暑いし、眠いし、裏通りだし、、、なんか、ものすごーく憂鬱なカンジのまま、無言で歩いてた、、、。しばらく歩いたら、裏通りのようなところが終わり、小さなロータリ−のようなところへ出た。そしたら、そこにもタクシーがいて、、、無事交渉成立したので、ホテルまで送ってもらうことに。でも、ベトナムのタクシー、交渉して乗ったにも関わらず降りる時に吹きかけてきたりするので、気が許せず、、、。疲れていて、眠いのにこういうきんちょーってものすごく憂鬱。。。
ホテルに付いたらすぐにホテルの人が出てきてくれて、いくらで交渉したのか聞いてくれて、運転手さんにさっさと話をしてくれた。やっぱり、ホテルの人もわかっているんだなぁ。ホント、助かりました。ホテルに戻ると、従業員の人たちがものすごく親切にしてくれて、なんか、一気にきんちょーが解けたカンジ。このホテルがあったからこそ、ベトナムの旅はよい旅になったのだなぁ、と改めて実感。本当にありがとうございました。夜までホテルでのんびり過ごし、日本へ、、、。


2005/5/17 (火)
帰国

帰国。2時間しか時差ないのに、夜中出て、早朝に着いたので、昼間寝てしまいやや時差ぼけ?ダイスケさん腹こわし&発熱。昨日まで無事だったのに、帰ってきたら気が緩んだのかな?一応、病院に行ったけど大丈夫そう。


2005/5/18 (水)
水泳

しばらく運動をしていなかったのでジムへ行く。1時間歩いて、泳いだ。体がスッキリしたかも?飛行機に乗ると、なんだか体がどよんとしてしまうからね。こんな感じでじょじょに戻していけばいいのではないでしょうか?それにしても、日本は今、さいこーの気候ですね。花粉もなくなり、新緑で溢れていて、爽快、爽快!もうしばらくこの気候が続いてくれるといいのだけれど、、、。


2005/5/19 (木)
原稿

ひでこさん(こぐれひでこ)の「ゴハン日誌」の文庫本の後書きを頼まれたので書く。2400字から3200字くらいで、と頼まれたんだけど、そこまでに満たなかった、、、。少し時間を置いて、見直してからまたかこーっと。


2005/5/20 (金)
予言

なんか不思議な日だ。
心の準備をさせられた日。
なんの?かはよくわからないけど
魂が口から飛び出そう。


2005/5/21 (土)
存在

ちょっと答えが見えた。
自分のイメージで自分を縛っている事って実は多くて、、、というか、それが全てで、本当は何にも怖いことなんてないんだなぁ、と改めて思う。
本当はものすごく簡単なことで、楽しいことで、愛あることなんだけど、時々ココロが勝手にブロックして、窮屈になってしまう。
もと緩んで、緩んで、流して流して、溢れるように☆=


2005/5/22 (日)
法則

昨夜、久々に色んな人にあったら、いやぁ〜、みんながんばってるなぁ!!と嬉しくなった。だって、どんどん彼らの時代になり、そして、どんどん色んな意味で大きくなっている。そこにいる誰もがみんな、愛で溢れていて、気持ちで仕事をしている。その様子を見ていると自然の法則が見えてくる。愛やお金って循環させていると、どんどん湧いて出てくるんだなぁ、と。


2005/5/23 (月)
修練

ヨガの日。最近は呼吸のノウハウについて訓練中。なかなか興味深いです。


2005/5/24 (火)
満月

なんだかバランスの悪い日。あっ!ああああああ!!
この日記を書きながら「もしかして満月だったのかも?」なんて思って調べたら、やっぱり満月だったぁ!生憎、夜空は雨模様でまるいお月さんは見えないけど、、、。でも、そっかぁ、納得、納得。なんか今日は、精神がいつも違う所に触れていて、涙が出そうになりながら俯瞰している“私”が「なんか、変だ!なんか、変だ!」と理由なきバランスの悪さに「?」だったのだ。はぁ、こういう時にいつも「私って単純」って思うと同時に、やっぱり人は宇宙と呼応しているだなぁ、と思う。


2005/5/25 (水)
創造

artitの撮影。先日の対談から津村耕介さんが私をイメージして作った服は中近東風でした。自分のイメージしていたものと合致していたので納得。インドにも見えるし、アフガンにも見えるし、アラブにも見える。そんなテイストのものでした。やっぱり、ルーツはそこだよなぁ。。。旅しててもピンと来るし、、、。
氷が張ったような透明感溢れる場所にも憧れるんだけど、やっぱり自分のルーツは高地とか砂埃とか大地のようなイメージ。もしくは熱帯雨林。(笑)でも、こんな風にイメージで誌面を作り上げていくことは楽しい。
とっても楽しい撮影でした。


2005/5/26 (木)
新緑

またまた長野ロケに来ています。1と月半位の間に森の様子は見違えるように変わりました。新緑いっぱい、イオンいっぱいです。長野に来ると、その空気の良さに体がリラックスしてきます。平和だぁ〜。。。ここのところずっと偏頭痛がしてたんだけど、それも和らいできている。よかった(^^)


2005/5/27 (金)
森林

今日はヘリコプターで長野の森を上から観察しました。上から見る広葉樹の森はとても柔らかそうで、光と水と太陽をたっぷりと含んでいるようでした。そうかぁ、広葉樹って枝が広がっていて、枝に付いている葉っぱがみんな、きちんと太陽に当たるようになっているんですね。だから、その太陽の恵みが沢山含まれた葉が、秋に落ちると、それが腐葉土となってみんなに恵みをもたらすのです。なんか、とっても風通しがよくて、みんなのためにハッピーに生きてる森のように見えました。それに比べると、針葉樹の森は固そうでした。周りのものに恵みを、という感じよりも自分がストイックに生きているという感じ、、、。もちろん、自然の中に存在する限り、周りのものと共存し合っているんだけど、熱い夏も寒い冬も同じように葉を付けて佇んでいるには、やっぱり内に貯めるエネルギーが沢山必要なのでしょうか?初めて、広葉樹と針葉樹の森の違いを肌で感じることが出来ました。


2005/5/28 (土)
恩恵

今日は野山に山菜を摘みに行きました。竹の子、ウド、ゼンマイ、ワラビ、たらの芽、ノブドウの芽、アケビの蔓、、、、、、等々。春の野山は“恵み”に満ちています。自然の中で育ったモノにはそのキラキラとした“恵み”が光の粒のように存在しています。だからその“恵み=命”を頂くということはそのキラキラを頂くということになるのだと思いました。人間の中にもキラキラは存在します。だからそのキラキラを沢山持った人と出逢うと、元気になるのです。例えばミュージシャンが体の中に備えているキラキラを音に乗せて振りまいている時など、、、。この自然界にはいたるところにキラキラが存在していて、それをみんなで循環させているのだと思いました。でも、このキラキラは自然の中で存在しているものなので、不自然に触れると消滅してしまいます。だから、大切に、、、。


2005/5/29 (日)
全生

友人のバースデーお食事会。彼女は今年37歳になったのだけれど、37歳って年はあまりピンとこない&先のこともそろそろ考えなきゃなぁ、と漠然と、でも現実的に思うそう。私が先日感じた35歳の感覚とは、また少し違うんだろうなぁ、と話を聞きながら思った。本当は年なんてあんまり関係ないって思うんだけど、でも、やっぱり肉体の限界がリアルに感じられるようになってくると、色々と先のことも想定しながら考えるのかもしれない。そして、元気に“全生”(全部を生きる)するために今を“全生”するのだ。


2005/5/30 (月)
幸福

ヨガの日。インド人のその先生は、雨が大好きで、雨が降ると「植物達は喜んでるよー!!」とニコニコしています。そして、今日みたいに結構降っていても、雨の中をびしょびしょになりながら自転車に乗ってやってきます。そういえばこの先生はいつも楽しそう。どんな状況でもそれを楽しむことが出来、それを自分のものに出来るのです。そういえば、この前のクラスの時に「幸せはそこに“ある”ものなのです」って言ってたなぁ。


2005/5/31 (火)
宝石

母と一緒にホテルオークラの中にあるアンティーク・ジュエリーのお店に行きました。ここにあるものは本当に一級品で、ミュージアムピースになるようなものばかり。普段、宝石が欲しいだなんて思わないけれど、ここにあったものは本当になんとも言えぬ美しさがあり、どきどきしました。
中でもゼウスのカメオと、ものすごく純度の高いダイアモンド(最高級のDというランク以上のものだと言われているらしいです)。この2点は絶品で、ものすごいパワーを持っており、所有したらそのパワーに巻き込まれて人生メチャメチャになってしまうだろうなぁ、と想像出来るほど。本当に、美術品です。もしかすると絵画なんかよりもずっと、底知れぬ力を持っているかもしれません。宝石が人を狂わす感じが、少しわかったような気がしました。




(c) TSURUTAMAYU 無断転載・引用を禁止します。