2004/7/1 (木)
再会

衣装合わせ&本読み。久々のお芝居はやはり楽しいです。それに佐々部監督の演出はやはり好きです。なぜなら佐々部さんが大切にしていることがとてもシンプルでそこをまっすぐ表現しているからです。そして「芝居をする」ことを嫌います。もちろん芝居をしているんだけど、「芝居をしている」という「芝居」を嫌います。そして、映画を見に来てくれた人に余韻と想像を残します。今回は一体どんな映画にあがるのでしょうか?それにしても今回の私の役は地味です。今日の衣装合わせなんて「出来るだけ貧乏に所帯染みて見えると言いなぁ」と言われ、なんと「あっぱっぱー」(監督はこう呼びますが私は初めて聞きました。昔のお母さんやおばあちゃんが着ていたようなぶかぶかのワンピースのようなものです)まで着ることになってしまったのです。一体どんな映画になるのやら?


2004/7/2 (金)
撮影

カネボウ「リフトゥール」のCF撮影。今日のディレクターはなんと!同じ大学の同窓生だったらしい。びっくり、びっくり!とは言っても学部が違うのでぜんぜん面識はなかったのだけど・・・。今回のCFもなかなかいい感じです。ただCG処理するので出来上がりがどうなるかまだはっきりとはわからないところがありますが、今日撮影している感じでは動きがあってとってもいい感じです。8月から少しずつ流れるらしいので楽しみにしていてねん。


2004/7/3 (土)
治療

ロルフィング4回目。今日は足中心の治療でした。今日もヘロヘロになっています。今日憶えたことは、歩く時に腰の少し上ぐらいにある筋肉が太ももの付け根だとイメージして歩くといいみたい。実際にやってみると結構納得でした。


2004/7/4 (日)
物件

友人が鎌倉に土地を買いたいというので一緒に見に行く。丘の上の、海が一望出来る素晴らしい土地だった!もちろん、友人はそこを気に入り、今にも衝動買いしそうな勢い。(笑)たぶん、週明けには色々話を進めるんだろうなぁ。それにしても、なんと言う速さ。まだ鎌倉に家が欲しい、と言い始めて数週間も経っていないのに、もうこんな所まで話が進んでいるんだもの。私はただただ彼の行動力に感心するばかりでした。


2004/7/5 (月)
女優

某女優さんの家におよばれ。彼女とはこの前まで行っていたヨーロッパで、ひょんなことからご一緒させていただいたのだけれど、とっても素敵な人。何だかお姉さんのようでした。おまけに今日のお食事はとっても美味しくびっくり嬉し!
そこらへんのレストランよりずっと美味しかったよぉ〜。感動です。
しかも、同業の人とこんなふうにプライベートで会ったことがなかったので、楽しかったぁ。


2004/7/6 (火)
義理

ピナバウシェの新作を見に行く。今回は日本がテーマということで楽しみにしていったんだけど、う〜ん・・・ピナは本当に日本に興味があったのだろうか?
と思ってしまった。相変わらず舞台は可愛かったのだけれど、別に日本をテーマにしなくてもよかったんじゃないかなぁ。一体みんなはどう評価しているのだろう?


2004/7/7 (水)
海幸

明日から北海道でCF撮影のため、今日から入る。今日の夕飯はお魚料理を食べさせてもらいました。やっぱり北海道は美味しいねぇ。


2004/7/8 (木)
天候

北海道は梅雨がないから「北海道で撮影しましょう!」とやってきたのに、今日は朝から雨。雨。雨。。。天気予報を見ていたら全国で雨が降っているところは北海道と九州だけとか。ありゃ、ありゃ。オンエアー日も迫っているので今日明日のうちにはどうしても撮らなくてはないないらしく、みんなドキマギ焦っていたのだけど、結局雨やまず、おまけに明日になってもやみそうな様子はないので、急いで東京戻って明日朝から撮影することに。いやぁ〜、スタッフはみんなドキドキです。でも、たぶんいい決断だったんじゃないかなぁ?


2004/7/9 (金)
熱射

晴天、晴天、晴天過ぎてへろへろ・・・。やっぱり今日の北海道は大雨らしく戻って来て正解だったみたい。昨日撮影出来なかったCFを天王洲アイルで撮影する。撮影出来て、本当によかったんだけど、いやぁ〜、まいった!!暑いのなんのって、みんな顔がゆでダコのようになっていました。ずっと外にいたので、頭は朦朧としてくるし、たぶん軽い熱射病。撮影終わってみんなで食事している時なんて、全員放心状態になっていました。


2004/7/10 (土)
泣言

今は植物に虫が付く季節なのでしょうか?我が家の桜の木には沢山のカナブンがたかっています。我が家のしその葉には小さな芋虫がくっついています。それを退治していると泣きそうになります。しょうがないけど殺生してます。でも、本当に気分はBADです。沢山の虫も気持ち悪いけど、それを殺すという行為もまた、気持ち悪いのです。やっぱり私には畑作業は無理だと思いました。無農薬野菜を作るのは本当に大変なんだなぁ。


2004/7/11 (日)
投票

お恥ずかしながら生まれて初めて投票に行ってきました。ちょっぴりドキドキしました。この一票が明日の日本を変える!!とまでは思い込んでいませんが、でもそうでないとは言い切れないわけで、むしろそうであるのです。国民の一票一票がちりも積もって大きな力になるわけで・・・そんなことを考えたら怖くなりました。投票しに行くと夜中各局やっている選挙の特集番組も今までとはちょっと違った目で見れます。ちょっぴり参加している気分が味わえました。何とも言えぬ初めて体験でした。


2004/7/12 (月)
運動

運動の日復活。今日は久々に沢山運動しました。気分爽快です。


2004/7/13 (火)
保留

アンドレイ・ズビャギンツェフ第一回監督作品「父帰る」(2003年ヴェネチア国際映画祭・グランプリ金獅子賞&新人監督賞受賞)の試写に行く。12年ぶりに母と息子二人が平穏に暮らしていた家に父が戻る。翌日から父と息子達は小旅行に出かける。父は12年間何をしていたのか、そして何故帰って来たのか、何故息子二人と小旅行に出たのか、何も説明がない。だから不安になる。けど説明がないぶんその余白を自分で一生懸命想像して埋めようとする。するといつの間にか映画の中の息子二人が色々な疑問を保留にしながら進んでいくように、自分もまた疑問を残しながら物語が進んで行くのを見守って行くことになる。すると、その「わからない」ということが何ともリアルで奥深くなって行く。世の中にはわからないことの方が多いから想像出来るのかもしれないと思った。


2004/7/14 (水)
本流

原美術館に野口里佳さんの写真展を見に行く。新しい手法を取り入れたのかな?
作品の感じが少し変わったような気がしました。それでも野口さんの写真にはいつも、本流にきちんと触れているような何かを感じます。具体的に言葉には出来ないのだけれど、野口さんのそれは、空間と空間の隙間にふと存在するような感じです。
写真にも映画にも音楽にも、もっと言えば人にも、この本流に触れているような感じのするモノがあります。表現によって、それがグロテスクなまでにむき出しになっているものや、まっすぐ強く感じるものや、数学的に美しく感じるものまで色々ありますが、野口さんのそれはいつでも、やはり空間と空間の間にふと感じられるのです。


2004/7/15 (木)
映画

ナイトショーで「21グラム」を見に行く。やっぱり何度見ても素晴らしい映画!!今のところ、私の今年のナンバーワンです。脚本も編集も、役者の芝居もみんないい!まだ見ていない人、是非見に行って下さい。


2004/7/16 (金)
故郷

今月創刊になった「NEUTRAL」という雑誌見ましたか?なかなか面白い雑誌です。
今月号はイスラムが特集されていたのですが、イエメン共和国素晴らしい!!
私はすっかりイエメン共和国にドキドキです。久しぶりに「行きたぁい!!」という国に出逢えた気がしました。さっそく今日、amazonでイエメンに関する本を取り寄せてみました。読むのが楽しみです。


2004/7/17 (土)
舞台

ピナ・バウシェの「バンドネオン」を見に行く。これは1980年の作品らしいのですが、う〜ん・・・はっきり言って私は途中で飽きてしまいました。もう少しダンスが見たかったなぁ、というのと出演者が怒鳴っている事が多く、それも苦しかったです。それと時間が長かったぁ。芝居もそうだけど、途中に休憩が入って3時間以上も続くと辛くなってきます。集中力ないのかも。。。1時間半から2時間ぐらいの美味しいところがぎゅっと詰まっている芝居の方が見やすいと思っているのは私だけでしょうか?


2004/7/18 (日)
移動

吉永小百合さん&渡辺謙さん主演映画「北の零年」という映画にワンシーンだけ出演するため北海道の静内に行く。撮影は明朝からなので、今日は行くだけ。


2004/7/19 (月)
体力

北海道は涼しくて気持ちいい〜!今日は朝からお天気で、しかも牧場で撮影なので待ち時間ものんびり気分。吉永さんは朝から元気いっぱいで、初めてご一緒させて頂いた私はびっくりしてしまいました。やはり「元気」は基本なのですね。監督の行貞さんは現場がきつい!と有名(笑)。やはり現場に体力は必要だなぁ、と改めて実感。吉永さんは「監督との根比べよぉ」なんて笑っていたけど、私だったらとっくにへたってたかも???だって、吉永さんは週に4日は泳いでいるそうです。しかも!2キロ以上!!少しは見習わないとなぁ。


2004/7/20 (火)
猛暑

暑いですねぇ。暑いですねぇ。暑いですねぇ。今日は渋谷では41度もあったそうです。最高新記録だったそうです。やっぱり地球はおかしいんじゃないかなぁ?恐ろしくなります。人間が家というカプセルでしか暮らせなくなるのは、もしかすると、そう遠くない未来なのかもしれません。


2004/7/21 (水)
魂響

CTVで大沢たかおさんの「深夜特急」がやっていた。以前一度見ているのに、ついつい見入ってしまう。インド行きいたぁいよぉおおおお!画面を見ながらドキドキした。色んな国が出て来たけど、やっぱりインドは特別。ココロの恋人が突然テレビに出て来た感じ。たぶん私はインド人だったんだろうなぁ〜、遠い昔。インドの空気を感じると、悠久の流れを感じ、胸の奥がキューンとしてしまう。今すぐにでも行きたいのに、行ってしまったらもう現実に戻って来れないような気がして、再び出逢える”時”を待っている感じ。。。あ〜ん、あ〜ん、え〜んっ。。。。。。


2004/7/22 (木)
運動

吉永さんを見習って運動しよう!と思った私は、行かれるときには週に2回ジムへ行こう!と決意。今日はエアロビのベーシック&太極拳のクラスなどを受けてみました。いやぁ〜、太極拳はものすごい筋肉を使います。足ががたがたしていました。明日はきっと筋肉痛です。でも、やはり運動後は爽快です。


2004/7/23 (金)
英語

英語を映画から!ではないが、アメリカ映画のシナリオが教材になっている本を買ってみた。どうせなら自分が興味を持てる映画と思い「めぐりあう時間たち」。
この本、よく出来てます。熟語もピックアップしてあるし、単語の意味も載ってるし、なかなかよさそう!でもこの映画ト書きが多かったぁ。でも、教材が台本だと楽しんで読めます。でも、一体この本を最後まで読めるのだろうか?買ってみたのはいいものの今日は3ページでダウンしてしまいました。(笑)


2004/7/24 (土)
展望

幼なじみに電話したら今日は知り合いの家でパーティーしてるというので、そこに乱入させてもらう。庭から海が一望出来る素敵なお家。昼間っからお酒のんでパラダイスな一日でした。夏の海辺は本当に気持ちいいです。気分がハッピーになります。海は大きいからねぇ。色んなものを吸ってくれるのだと思います。ケセ・ラ・セラな気分にさせてくれます。地元だからかな?夏になると、やっぱりこの辺が恋しくなります。


2004/7/25 (日)
骨董

鶴岡八幡宮で骨董市があるというので出かけてみました。話によると今年初めてなんだそうです。八幡宮で骨董市なんていかにも昔からやっているように思うのですが・・・。今年からのせいか、内容はまだまだ追いついていないように思いました。でも、八幡宮の池に咲いた大きな蓮の花は素晴らしかったです。必見!


2004/7/26 (月)
美術

建設会社の大林組の本社には沢山の現代美術があります。話によるとビルを建てるときに、色んなアーティストと部屋別にプロジェクトを組んで一緒に作ったそうです。今日はそこのコレクションを見せていただきました。なかなか面白かったです。こうやって日本にも現代美術に興味を持ち、支えてくれる人がいるということは素敵なことだなぁ、と思いました。芸術はいつでも、こういうお金持ちの知識人たちに支えられているのですねぇ。


2004/7/27 (火)
浄化

友人が勧めてくれたヨガ教室に行きました。プライベートレッスンもしてくれるので、その日の自分の体調に合わせて出来るのがgoodです。いやぁ〜、ヨガは気持ちいいですね。最後にちょっと横になったらグーグー眠ってしまいました。たった5分ぐらいのことなのですが、この一瞬の眠りが1サイクル分の眠りに匹敵するほど体が休まるらしいです。単純な私はヨガ後、体がきれいになったような気がして、透明な気分で我が家に帰って行きました。


2004/7/28 (水)
足跡

チャン・イーモ監督の「LOVERS」の試写会に行く。う〜ん・・・最近のチャン監督はこういうのが好きなのかなぁ?「HERO」に引き続きCGアクションの多い映画でした。映画の7割以上がこのCGアクションで、せっかく話はいいのに、いまいちストーリーに入れません。残念だなぁ〜。いろんなことがダイナミックになってくると、その分きめ細かさがなくなってしまうのでしょうか?ダイナミックでかつきめ細かく、というのは同時に出来ないものなのでしょうか?
なーんて言っていますが、それでも私はチャン監督のファンなので監督の軌跡としてどんな時にも監督の作品を見続けたいなあと思います。


2004/7/29 (木)
起源

思ったより色んなことの進行が早いですねぇ。意識レベルで早いと感じていたことが、今年になってどんどん現実化しているようです。現実に落ちてくると、本当にどんどん、まるで雪だるまが転がるように、あれよあれよという間に進行して行きます。この分で行くと、地球や人類はそう遠くない未来にサヨナラかもしれませんね。それなのにどんどんビルは立ち、どんどん土や緑はなくなって行きます。どういうこっちゃ。もうダメかもね。やっぱりリセットなのかもね。たしか、手塚治の「火の鳥」にもこんな話があったなぁ。人間が自然と共存することを忘れてしまった時から、そこに向かって止まることなく転がり続けているのでしょうね。


2004/7/30 (金)
爽快

ミツカンが創業200年を迎えるらしく企業コマーシャルを作りました。そして、私はそのナレーションを担当。なかなか素敵なCF&コピーで、今回はナレーションだけの参加でしたが、なんだか優しい気持ちになれたひとときでした。気持ちのいい空気のある作品は参加しているだけで気持ちよくなってきます。今日はよい仕事が出来ました。


2004/7/31 (土)
体調

ロルフィング6回目。今日は腰中心でした。やはりへろへろ。




(c) TSURUTAMAYU 無断転載・引用を禁止します。