2003/12/1 (月)
天図

あなたの属す不安定だった円に正三角形が生まれ。これで揺るぎなく、あなたはあなたの円となって。いずれ、もう一つの円と重なり、さらに新しい円を生む。
円が重なり合って、無数に重なり合って、3つの円を結ぶ中に正三角形が生まれ、
未来永劫続いて行くことの摩訶不思議。


2003/12/2 (火)
風雅

タクシーに乗ったら「和服の方1割引」なんて書いてある。京都だねぇ〜。
マクドナルドもスターバックスもあるけれど、やはり京都では京都のやり方で、といわれて入って来ている感じがするのだ。大きな赤い看板も緑の看板も違う色になっていたり、控えめになっていたりするのだから。“人の家に入る時はそうですよねぇ”と一瞬自分の無礼にペコッと頭を下げて、襟を正したくなってしまうような雰囲気がある。踊りのお師匠さんや邦楽のお師匠さんに礼儀を教えてもらっている時のようだ。いつもいつもこんな中で生活しているのは大変だなぁ、なんてだらしない私は思ったりするけれど、やっぱりその佇まいはウツクシイなぁ、と尊敬の念を持ったりする。たまにはこういう所で背筋をピンとして、バシッと竹刀で叩かれるのもいいかもしれない。人間って基本的には怠け者だからね。:P
京都にこういうところがなくなったら、本当に日本文化は廃れてしまうなぁ、と思った一日でした。


2003/12/3 (水)
色香

今日は舞妓ちゃんの格好をさせてもらった。はっはっは。まだ舞妓の格好をさせてもらえるなんて光栄です。って言っても回想シーンなんだけど。(笑)でも、なんかコスプレみたいで楽しかった。いやぁ〜、本当に日本のオシャレはぴか一ですなぁ。究極の重ね着!キレイだよぉ〜。特に花街の色合わせはドキドキする位ウツクシイ!日本文化は素晴しい!日本人の佇まいは美しい!見直しましょ!見直しましょ!せっかく日本に生まれたんだから。


2003/12/4 (木)
情念

今日は歌舞練場で鼓のお稽古風景の撮影。本物の芸子衆が一緒に出演してくれた。
かっこいいぞぉ。みんなものすごい貫禄。きっと色んな形で鍛えられて来ているんだろうなぁ。様々な人間模様を見聞きし、体験し、それを見ざる聞かざるで内に秘め、その溜まったエネルギーを芸に注いでいるのだろうなぁ、なんて勝手に想像したりして。いやぁ、情念の世界だぁ!なーんて一人で勝手に想像し、盛り上がってしまった。


2003/12/5 (金)
暗黒

明日の撮影が雨で中止になったので、撮影後東京に戻る。ダイスケさんの新作が出来ていた。すごい。大きいの2点。今までと作風が変わったみたい。私には今の世界情勢のようにも感じた。いや、今というわけでもなくて“今までの”から続く人間の中に潜む何かなのか、色んな人間の心の有り様と、その絡み合う関係なのか・・・とにかくコトバではうまく表現できないけど、ぞっとするような絵だった。


2003/12/6 (土)
休息

一日お疲れ日。さすがに体が疲れていて、今日は一日家でゴロゴロ。久々のお家はやっぱりくつろげる。「ライフ・イズ・ア・ドッグ」「裸足で1500マイル」のDVDを見る。両方ともよかった。


2003/12/7 (日)
快晴

晴れた空〜♪ 気持ちいい日。近所をたらたら散歩する。ずっと忙しかったからなんかこういうの幸せ。でも、忙しかったからこそ感じられる普通の幸せ。きっと、たぶん、人って日常的になりすぎると、一番幸せなことが当たり前になって、感謝の気持ちが薄れてくるんだと思う。気をつけよう、気をつけよう、いつも感謝の気持ちを忘れずに。


2003/12/8 (月)
習慣

京都に住んでいる友人から「よかったら家でご飯でも」とメールが届いた。今日は8時頃撮影が終わったので御馳走になりに行く。初めてお家に遊びに行ったのだけれど、やっぱり色んなところが京都っぽかった。マンションのちょっとしたところに和のテイストが感じられ、作ってくれるご飯も洋食なのにどこか“和”の味がする。そして、何よりも自然に年中行事を生活に取り入れている様なんて、ホント!今、やってるドラマみたい。あ〜、京都の人ってこういう感じなんだなぁ〜、なんて友人の姿を見ながら役づくりまでしたりして。(笑)とにかく、まだまだ色んなことが生活に根付いている場所なんだなぁ、ということを再認識したのでありました。


2003/12/9 (火)
古都

よく京都と鎌倉は似たような場所としてくくられてしまうけど、実際に鎌倉に住み、京都でこうやってロケして色んなことを垣間見ていると、やっぱりぜんぜん違うなぁ、と思う。同じ古都でも、やっぱり鎌倉は湘南でもあるわけで・・・。
住んでいる人たちの雰囲気が京都に比べるとずっとおき楽なのだ。京都の人の方が確実にきちんとしている。それはそれは頭が下がる位。私なんて生まれも育ちも湘南だから、どこか「ケセ・ラ・セラ」だしね。


2003/12/10 (水)
極寒

京都の寒さは本当に恐ろしい。寒さの粒子が細かいのだ。そして一粒一粒がちゃんと丁寧に冷たい。だから気が付くと毛穴から入り込んでいて、骨のまわりにぴったりくっついている。いやぁ〜、どんな防寒をしても効かないので結構大変。風邪引かないように毎日寝る前は冷たいくん退治に半身浴しながら台本を読む。


2003/12/11 (木)
試写

「半落ち」の完成披露試写。私も今日初めて出来上がりを見たんだけど、いやぁ〜、いいィ〜映画ですわ。久々に重厚感のある映画に仕上がっているように思いました。取材で柴田恭平さんが「この映画を見て、何も感じない人は自分の人生をもう一度見直して、出直すべきだ」なんて言っていましたが、ホント、納得。
試写にも関わらず、沢山の人が泣いていました。


2003/12/12 (金)
食事

久々にお家でご飯。なんか落ち着くなぁ〜。ロケが続いて、お弁当が続くとやっぱり辛い。気のせいかお肌もちょっとぶつぶつ気味だし、体力もちょっと落ちて来ているような気がする。やっぱり食べ物は大事だよなぁ〜。だって、体を作っている血液になっていくものでしょ?その食べ物の中にどんな材料が入っているのかわからないのに、疑問を持ちながら食べるのはやっぱり恐ろしい。


2003/12/13 (土)
野菜

京野菜を作っている人のお宅でロケがあった。ドラマの中で村上淳くん演じる人が京野菜を作っているのだ。家の人が、採れたての金時人参&蕪を生のまま食べさせてくれた。びっくり!!ものすごく美味しい!蕪なんて果物みたいに外がやや固めで中が柔らかい。あ〜、幸せ。愛情を注がれて出来上がった野菜は、色んな恵みをもたらしてくれました。


2003/12/14 (日)
接吻

娘役の8歳の女の子、初めてのキスシーン。出来上がった台本には学芸会でロミオとジュリエットを演じ、最後にキスシーンがある。娘役の晶にとっては、そのシーンがずっとずっと気になっているらしく、一生懸命どういうアングルでとれば実際にキスをせずにキスしているように映るかを自分で考えている。(笑)そりゃぁ〜、そうだよね。たぶん本当にファーストキスだろうし。学校でみんなにからかわれるだろうし。でも、大人はそんなふうに思案している彼女をついつい可愛く思ってしまい、にやけてしまう。きっと、本人にとっては大問題なんだろうなぁ〜。


2003/12/15 (月)
登山

朝から大文字焼きの翌日に炭拾いに行く、というシーンの撮影の為山登り。
うひゃぁ〜、想像以上に大変だった。目的地に着いた時にはへろへろ。
寒さと暑さの両方がいっぺんにやってきたので、みんなの顔は真っ赤で湯気ぼうぼう。しかも夏のシーンで、ただでさえ寒い京都なのにもう最悪。午後からは風も吹いて来て、みんな泣きそう。あ〜、今日だけは役者なんてやめてやる〜!と思った一日でした。(笑)


2003/12/16 (火)
北国

「北の国から」が今日より5夜連続放送!ということで見る。大文字ごときで「寒いよぉ」と泣き言をいうなんて申し訳ないと、頭が下がった。だって、本当に寒そう。きっと撮影大変だったろうなぁ、と吹雪の中撮影をしているみんなのことを考えると気の毒になった。しかしいいドラマだ!!涙が止まらなくて、泣きつかれてしまった。(笑)だって、みんないい人で、どの人の気持ちも理解出来て、気持ちの持って行き場がないのだ。だから余計に自分の中に溜め込んでしまって、涙になって溢れてしまう。誰か悪者でもいれば、その人のせいにして発散も出来るのになぁ、と思った。でも、そうじゃないから余計に切ない。大人も子供もみんなそれなりに色んなことを抱えていて、それでも日常では笑ったり泣いたりしながら生きている。そういう感情描写や人との関わりがものすごくリアルなのだ。やっぱり名作だなぁ。


2003/12/17 (水)
奉行

野菜鍋屋に行った。レタスやサニーレタス、貝割れなどが入っている鍋で、ちょっとびっくり。でも、味もおいしくてびっくり。でも、お店の人が厳しくてもっとびっくり。よくお寿司屋さんの頑固おやじとかが有名になったりするけど、余りにも人として失礼なタイプの頑固おやじだと「?」と思ったりもする。職人さんが人を苦手なのはOK!でも、人として失礼な発言や行動はやっぱりどうかと思うのです。


2003/12/18 (木)
部屋

ロケが早めに終わったので大阪のgrafに行く。20日から奈良美智さんの展覧会があるので本人、どうやら泊まり込みで作業をしているらしい。SMLというタイトルでそれぞれの大きさの部屋を創って展示していた。大阪に遊びに行く方は是非。


2003/12/19 (金)
初雪

忘年会シーズンの花金に白川で撮影していると、雪がパラパラ降って来た。
「初雪やぁ!」と喜んでいるのも束の間。寒い、寒い。そして、寒い上に「雪、待ち!」。雪が画面に映ると良くないからと、雪が止むまで「待ち」になってしまったのだ。みんな外でブルブル。でも、周りの見学者たちは忘年会後で真っ赤な顔してぽっぽしてた。あ〜あ、今夜は寒波が来てるそうや。


2003/12/20 (土)
大雪

大雪!!!!
早朝からがんばってメークして、衣装着てスタンバイしてたのに外は大雪。
吹雪いちょるがな!4時間ぐらいまって、今日は中止。そんなこと最初からわかっていたじゃないかぁあああ。朝から雪降ってんだから、予報は大雪なんだから、もっと早く決断出してくれればゆっくり眠れたのにぃ!と怒っていると、鈴木紗理奈ちゃんが隣で「スタンバイしていてよかった!ということを考えよう!」というので二人で頭を巡らした。「うーん・・・・きっと、すっぴんで町中を歩いているよりもお化粧していた方がかわいいね、って言われる!」(笑)ネガティブエネルギーはポジティブエネルギー変えないとね。:)


2003/12/21 (日)
稽古

大阪にてリハ。明日から大阪NHKでスタジオ収録。これでちょっと撮影が温かい。:)


2003/12/22 (月)
夜更

温かくて楽だけど、時間的にはきついスタジオ撮影。しかも、今日はと〜っても押した(撮影がのびた)。夜も更けて、みんなへろへろになっている頃、ふっと隣のスタジオのモニターを覗いたら、「てるてる家族」の収録で、森口博子さんがほこりを叩く道具をふりふりしながらいしだあゆみさんの「ブルーライト横浜」を熱唱していた。しかも何度かやり直しになっていて、その度ににっこにっこの笑顔で熱唱していた。みんな大変だぁ。(笑)


2003/12/23 (火)
合唱

初スタジオ。
我が家でクリスマス・パーティーのシーンを撮っていたら、待ち時間に子供たちが「サザエさん」の替え歌を歌っている。

戦争しようと町まで、出かけたらぁ♪
戦車を忘れて、三輪車で突撃♪
あっちは機関銃、こっちは水鉄砲♪
ル〜、ル、ルルル
今日はお葬式♪
すっ、すごい!
あまりの衝撃に言葉も出なかった。
絶句。
みんな違う小学校に通い、年齢も微妙に違うのに、この歌だけはみんな知ってるようで、合唱していたのだ。いやぁ〜、何だかまいったなぁ。。。
テレビの替え歌とかでやってたのかなぁ?
なんで小学生の中でこんなに流行ってるんだろう?
とにかく複雑でした。。。


2003/12/24 (水)
警備

鈴木紗理奈ちゃんが言うには、今日の渋谷と六本木にはものすごい機動隊が出動していたとか? なんで?なんで?やっぱりテロの噂?先月仕事で一緒になった人が「渋谷は危ないらしいよ」な〜んて真しやかに話ていたのを思い出し、ちょっと恐ろしくなった。


2003/12/25 (木)
黒髪

今日は「黒髪」を踊るシーンがあったんだけど、いやぁ〜大変だったなぁ。
ビデオに映されると、自分の踊りの細かいところがとっても気になる。姿勢とか、目線とか・・・しかも少し習っていたこともあるので余計に。。。
しかし、「黒髪」という演目は情感が込められるから面白いなぁ、と思った。
そして、昔お師匠さんに注意して頂いたところが再び蘇ってきて楽しかった。


2003/12/26 (金)
最終

仕事お納め。いやぁ〜、終わった、終わった!! といってもドラマの撮影が全て終了したわけでもないから今一実感ないんだけど。でも、明日から少し休めるからちょっと嬉しい。なんか年末の雰囲気も今年は自分の中ではやや薄め。これもきっとドラマの撮影中だからだろうなぁ。家族でお正月を迎えれば、きっと新年気分も味わえるだろう。せっかくだもの、季節は味わって、親孝行して、素晴しい新年を迎えましょう!


2003/12/27 (土)
褒美

今日は一日ホテルでのんびりデー。明日からダイスケさんの実家に行くことになったのでそのまま大阪で一泊することにする。(ここからの方が近い)なので、今日はほげほげ体を休めることにした。めちゃめちゃホテルライフ満喫。あ〜、ホテルで暮らすっていうのも楽でいいなぁ〜。なんてベットで本を読みながら、ルームサービスを頼み、かなり極楽。今日は自分への“今年もお疲れさまデー”にしよう!っと。


2003/12/28 (日)
大阪

焼き肉で有名な鶴橋の駅に降り立ったら、本当にホームにまで焼き肉の臭いが漂っていた。すごいなぁ〜。この前、心斎橋をふらふらした時も思ったけど、やっぱり大阪にはなんとも言えぬパワーがある。日本にもこんなパワーが残っていたのか!


2003/12/29 (月)
餅搗

ダイスケさんの実家でお餅つき。どうやら中山家では毎年お餅つきをしているらしく、親戚が集まっていた。小学生以来だろうか?お餅をついたのは。いやぁ〜、楽しかった。そして、美味しかった。


2003/12/30 (火)
家族

ダイスケさんの弟さん夫婦も帰郷。家の中はまたいっそう華やいだようだった。
何よりもお父さん&お母さんの嬉しそうな顔は見ていて、こちらまで嬉しくなってしまう。やっぱり子供たちが家に揃うのは嬉しいよねぇ。なんか、こちらまで心あたたかくなってきた。


2003/12/31 (水)
満天

今年も終わりじゃぁ〜。早いなぁ。今年は何か穏やかな年だったなぁ。
だって、ここ数年は自分でも予測不可能なほど目まぐるしく、色んなことが動いていたもの。それに比べると今年は充足の年だったように思えるのです。あまり動いてないけど、栄養補給しているような。力つけてますよぉ〜。(笑)
人には本当にそのつどそのつどテーマがあって、色んなことを経験させられているんだなぁ、と改めて思います。そこまで行かないと次の景色は見られない。だから、その瞬間その瞬間を大切に生きたいなぁ、と。だって、目の前の景色はもう二度と見られない景色でしょ?
そして、今年は“育む”ということを少しだけ学んだように思います。
いつもいつもどこか刹那的に生きてきたようなところがあるので、この学びは自分にとってけっこう大きなことでした。これも結婚したからでしょうか?
来年は、今年貯えた栄養を大切な場所で有効に使って行きたいなぁ、と思っています。今年も応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。




(c) TSURUTAMAYU 無断転載・引用を禁止します。