2003/9/1 (月)
創造

トルコで絨毯やらクッションやらをいっぱい買い込んだので、蒲田のユザワヤにクッションに詰める綿を買いに行った。ユザワヤって面白い!なんでもそろっているのだ。学生の頃はよくここに来て、生地や毛糸などをいっぱい買い込んで洋服作ってたなぁ〜、と思い出した。忙しい=時間に追われる、ということはクリエイトする力を弱らせるのかなぁ?気をつけよーっと。


2003/9/2 (火)
地球

事務所で打ち合わせ。
いっぱい遊んだから、今年の後半は働かないとね。(笑)
そうそうなんでもバランス!・・・と思っている今日この頃。
地球は北半球と妖精のくに・南半球で出来ているからね☆


2003/9/3 (水)
妖精

トルコから絨毯が届いた。
今日は一日部屋の模様替え。
きゃ〜、かわいい☆
ドキドキするほどステキな部屋になった。
自画自賛!
まずい!さらに“おうちっこ”に磨きがかかってしまいそう。


2003/9/4 (木)
楽園

かわいいお部屋を見せびらかしたくて友人を招いた。
“ここにいると時間を忘れるね☆”と長居して帰って行った。
よかった、よかった。
ここのお部屋にはキュートな妖精が沢山飛び回っているようだ。
色んな色の豆電球がポヨンポヨン点滅しながら飛び回っているみたい。


2003/9/5 (金)
両親

父の恩師、グラフィック・デザイナーの河野鷹思先生の回顧展に行く。魚がテーマになっていた。もう30年以上前の作品のはずなのに、今見てもまったく古さを感じなかった。我が家には父と母の結婚の記念に頂いたという先生の魚の作品が、私の生まれた時から部屋に飾られているので、何だかとっても身近に感じられた。私にとって、その魚は家族のような存在だ。


2003/9/6 (土)
旋律

鎌倉。海辺のカフェ&バーでアメリカ人のアーティストがライブをやるというので聞きに行く。どうやら彼は旅人らしく、色々な土地の民族から音楽を学んでいるらしい。今日は2本の笛を同時に吹いて、それぞれ違う音色を奏で、ハモってくれた。一体どうやって吹いているのかわからない。でも、とてもキレイな音色だった。


2003/9/7 (日)
隠家

友人が建てたというカフェに行く。鎌倉の日本家屋をモダンにリフォームしたカフェだった。なかなかカワイイ。最近こういうふうに改装したカフェ増えたなぁ。でも、こんなふうにゆっくり落ち着いてお茶を飲める場所ができるのは嬉しい。


2003/9/8 (月)
背景

「ボーリング・フォー・コロンバイン」を見る。なんとも、凄い。
アメリカはやっぱり何かがものすごくズレている、そう思わずにはいられない映画だった。はぁああああ、なんだか恐ろしい。今のアメリカの後ろに、ここに至るまでの様々な背景が見えてくる・・・。あまりに長い年月をかけて、このようなが人格(国格)が形成されてしまったから、そのズレを正すにはとてつもない長い年月がかかるのだろうなぁ、と思った。でも、可能性はゼロではない、と信じたい...だからこそこのような映画が出来ているのだろうし...。でも、気が遠くなりそうだ・・・。


2003/9/9 (火)
土産

イスタンブールで買ったお土産を持って、友人のベイビーに会いに行く。子供用のアンティークの民族衣装を買ったのだけど、まだ少し大きかったみたい。子供のサイズは難しいねぇ。でも、きっとすぐに着れるようになるんだろうなぁ。


2003/9/11 (木)
悪魔

「レッド・ドラゴン」を見る。いやぁ〜、面白かった!レクター博士のような人、イケナイ・イケナイと思いつつ、やっぱりとっても惹きつけられる。恐ろしや、恐ろしや。ココロの奥底まで侵入してくる究極の美の悪魔はやっぱり色んな意味で恐ろしい。


2003/9/12 (金)
事件

またまた、少女が行方不明らしい・・・。数年前だったら身代金目当て?なんて思ったけど、最近ではもっと陰湿で残虐なことをついつい想像してしまう。あまりにそんな事件が多すぎて、なんだか気が滅入ってしまう。こういう事件の犯人の背景にも、やっぱり長い年月をかけてこうなって来た日本の歴史の背景が見えて、気が遠くなる。それぞれの世代の家系図のようなものとその時代その時代の大きな流れがリンクして、一体どこから正していったらいいのかさえわからなくなる。


2003/9/13 (土)
準備

友人のおなかが今日か明日かのはち切れ具合。毎日なんだか気になって気になってしょうがない。電話をするとまだみたいなので一緒にご飯を食べることにした。でも、また顔が変わった。つい最近まではお腹にいる子供と一体になって幸せいっぱいほわほわ顔をしていたのに、今日の顔はもうお腹から意識が離れた顔をしていた。やっぱりもうすぐなんだ!なんか私の中で妙に確信した。もうお腹の子供は外に出るための準備をしているみたい。きっと、明日だ!と密かに思っている私。


2003/9/14 (日)
買物

航空ジャンク市に行く。初めて体験。なんか面白かったなぁ。だって、飛行機のシートとか空港にある看板とか、機内食を運ぶトレーとか、機体の一部のネジのようなものとか、ヘリコプターのプロペラとか、そんなものがわんさか売っているのだもの。飛行機マニアはたまらなく嬉しいんだろうなぁ〜。なんて言ってて我が家も沢山買い物してしまった。(笑)大きなゴミ箱(?)や機内食を運ぶトレーなど・・・。だって、基本的には機内に積むものだから軽くて丈夫なんだもん。


2003/9/15 (月)
出逢

ずっとずっと思いを温めていたカメラマンの高木由利子さんと逢う。最近だと三宅一生さんのプリーツのシリーズを、旅をしながら原住民の人に着てもらって撮った写真が有名。どうしてだかよくわからないけど、ずっと高木さんという存在が、ココロのどこかに何となく引っかかっていて、きっといつか逢える時が来るのではないかなぁ?とぼんやりと思っていたら、想像もしていなかった所から
どんどん繋がっていって今日、高木さんのアトリエに遊びに行くことになったのだ。こういうふうに偶然が重なって逢える時はきっと“逢うべき時”なのだと勝手に思いながらルンルンで出かけて行ったら、やっぱり高木さんはとってもステキな人だった。わぁい!まだまだ日本にもステキな人はいっぱいいる☆


2003/9/16 (火)
地震

東京に大地震が来ると、真しやかに噂され・・・。ついに我が家は地震対策。
リュックにお水や懐中電灯、ラジオなどなどを詰め、テレビや棚が落ちないように壁にとめた。なんと言っても大切なのは靴を枕元に置くことだと聞き、さっそく置いて寝ることに。こんなふうに準備をしていると、とっても不謹慎だけど、子供の頃に台風が来るのが恐いと思いながらも、どこかちょっぴり楽しみでドキドキしていたことを思い出す。とりあえず、準備すべきことはしたので、今日はゆっくり休むとしよう。


2003/9/17 (水)
出産

友人に赤ちゃんが産まれたぁ!!!!病院に駆け付けると、まだ肌が赤っぽくて、足先がシワシワしている赤ん坊が寝ていた。すごいすごい!何だか無重力空間の中で動いているような動きをしている。こんな物体が数時間前までお腹にいたのかと思うと変な気分だ。とっても安産だったらしく、母も子もすこぶる元気。
父親になった友人は、今まで見たこともないような幸せそうな顔で、産まれたばかりの子供を見つめていた。何だか、その顔を見られただけでもよかったなぁ、と嬉しく思う。


2003/9/18 (木)
花街

京都の先斗町に取材に行く。芸妓さんやお茶屋の女将さんのお話を聞き、舞妓さんや芸妓さん達がお稽古をする歌舞練場やお茶屋さんへ見学に。今でもこんな世界があるのだとドキドキした。いっぱい興味はあるのになかなか覗けない世界なので、今回はとても楽しかった。そして人生の酸いも甘いも知り尽くしているのであろうお姉さん達はやっぱりぐっぐっとステキだ!何があってもがんばって生きていられるのは“芸”が好きだから、と言ったお姉さんの後ろには、なんとも複雑な涙と笑いの皺が沢山刻まれてきらきらと生きるエネルギーになっているようだった。


2003/9/19 (金)
雄叫

「ボーリング・フォー・コロンバイン」がよかったので、マイケル・ムーア監督の他の作品もみようと「バカでマヌケなアメリカ人」を借りて来た。うーん・・・
私はどうも好きになれなかった。これはテレビで放映されたモノを集めてビデオ化したらしいが、ブラック・ユーモアの方向性が私にはどうも不快だった。
ちょっと残念。。。


2003/9/20 (土)
芝居

国際フォーラムに「ヴォイツェク」という芝居を見に行く。
舞台美術はとてもオシャレでキレイだったけど、それ以上の何かはあまり感じられなかった。芝居やダンスなどを見て感動することは本当に数少ないなぁ、とつくづく思う。それでも、数十本に一本ぐらいは本当に振るえるものがあるから、ついついそれを求めて見てしまう。


2003/9/21 (日)
衣替

寒い、寒い、異常に寒い。なんでまた、こんなに急に気温が下がるのだろう?体がついていけないではないか。。。外は寒いし、雨は降ってるし・・・家から出る気がしなくて気の早い(?)私は今日の気候にやられて、夏物と冬物をすっかり入れ替えてしまった。あ〜あ、このまま秋になってしまうんだろうなぁ。嫌だなぁ〜。なんか、さみしいよぉ。私はやっぱり常夏が好きだぁあああ!


2003/9/22 (月)
半落

「半落ち」の顔合わせ&衣装合わせ。地味だけど、いい話。


2003/9/23 (火)
家探

どうしました?
家を探しているのです。
あなたの家ですか?
はい、私達の家です。
あなた達の家はどの辺りにあったのですか?
山の方ですか?
それとも海の方ですか?
山もあって海もあったよう気がします。
確か水平線が見渡せて、
家の後ろには森があって・・・
何色の家でしたか?
白だったような・・・
いえ、木の色だったかもしれません。
住所は覚えていますか?
いえ、それがどうも上手く出てこないのです。
それは困りましたねぇ。
はい・・・。
少し一緒に歩いて探してみますか?
ええ、お願いします。
大丈夫ですよ、きっとこの辺りの住人でしょうから。


2003/9/24 (水)
指導

東京で仕事があるということで、京都から知り合いが泊まりにくる。お兄さんだけど、お姉さん。11月末から京都の芸妓さんの役をやるので、京都弁を教えてもらうことにした。ちょうどいい、ちょうどいい。でも、へんなお姉さんコトバになってしまったらどうしよう?(笑)


2003/9/25 (木)
分担

久しぶりに学生の頃からの友人と会う。中学生の頃からずっと、10年間も同じクラスだった悪友だ。今では年に数回しか会わないけど、いつ会っても変わらないなぁ、と思う。お互いの関係も、それぞれも・・・。いや、もちろん年月と共に変わってはいるんだけど、なんていうのかなぁ?役割のようなものなのかもしれない。


2003/9/26 (金)
映画

ずっとずっと見逃していた「トーク・トゥー・ハー」、ついにレイトショーになってしまい、おまけに今夜が最終日というから焦って見に行った。いい映画だぁ〜。コトバで説明すると何だかへんな話に聞こえてしまいそうなので、是非是非ビデオが出たら見て下さいませ、オススメです。


2003/9/27 (土)
良池

こぐれひでこさんの「ごはん日誌」を読んでいると、よく“とおるくんが吉池で***を買って来た。”という文章が出てくるので、「吉池」とは一体どこにあるのだろう?とずっと気になっていた。なぜなら!その「吉池」が出てくると決まってこぐれ家は御馳走なのだ。そして、今日、たまたま遊びに行っていたので聞いてみると、御徒町にある海鮮屋(?)らしい。(海鮮だけでなく、野菜も洋服もいろいろ売っている)“楽しいよぉ〜!”ということで、明日みんなで買物に行き、こぐれ家で「吉池ナイト」することにした。わぁ〜い!


2003/9/28 (日)
円卓

「吉池ナイト」の為、初吉池。うひゃぁ〜!ちょっと興奮しました。海鮮ものの多さに。そして、安さに。そして、アジアな感じの雑多な雰囲気に!何だか、そんな雰囲気につられてついつい買い過ぎてしまったかも?それぞれが今晩食べたいものをばらばらに買っていたので、どうかなぁ〜?と思っていたけど、意外と大丈夫だった。家に戻ってからバーベキューの準備。夏の終わりの(もう秋だけど/笑)最後の外ご飯。


2003/9/29 (月)
運動

ジムで健美操。気功とエアロビックスを合わせたようなもの。呼吸をとても大事にしているので、動きはさほどなくても一生懸命やっていると汗を掻く。しかも、ヨガと似たような汗の掻き方をするので、全身に酸素が行きわたって気持ちいい。季節の変わり目のせいか、何だか体がどよんとしていたので、やっぱり今日は思い腰をあげて行ってよかった。


2003/9/30 (火)
入撮

「半落ち」クランクイン。今度の役は新聞記者。原作では男性の役なのだけど、映画化にあたって女性に変えたらしい。雰囲気は「交渉人」に似ているような、似ていないような・・・。妻を殺し、その後空白の2日間を過ごした元警部の背景に隠されている真実を探るうちに、そこに関わる人たちが、それぞれの思いの中で静かに揺さぶられていく話。




(c) TSURUTAMAYU 無断転載・引用を禁止します。