2003/6/1 (日)
鉄線

三島にあるビュッフェ美術館に行く。ここにはビュッフェの生涯があるのではないかと思える程、ビュッフェの絵画&彫刻があった。素晴しいコレクション。一人のコレクターにこんなにコレクションしてもらえて、ビュッフェは幸せだっただろうなぁ、と思った。どこかにモノトーンの印象がある色の使い方がとても好きだった。そして、構図や線の弾き方から、この人はとても数学的な頭をもったとっても現実思考の人なのだと思った。でも、とってもオシャレでクレバーな人なのではないかとも思った。そして、何と言っても絵や写真を見る限り、奥さんがとっても素敵な人だったように思えた。晩年、彼は生死の淵に立たされたような絵を書いている。聞く所によるとアルツハイマーの気が少しだけあったようだ。そして、彼は何が原因だったかはわからないが自ら命を断って行く・・・。


2003/6/2 (月)
座標

二つの点を結ぶその点は?
Xが4でYが8だったら?
それはやっぱり12ではなくて
(X4、Y8)というX上でもなくY上でもない
まったく別の場所にぽつんとひとつの点が生まれる


2003/6/3 (火)
頭脳

ホームページのアドレスがいきなり無くなってしまった。
原因は、料金がクレジット.カードからの引き落としになっていたのに、うっかり忘れてカードを変えてしまったことにある。それにしても、うちの住所だって電話番号だって知っていたはずなのにぃいいいい!!料金の催促ぐらいしてくれたっていいじゃないかっ!と自分のことは棚にあげて怒ってしまった。けれども、いつまでも怒っていてもしょうがないので、頭を切り替えて、ディジィティミニミの竹中くん&小泉さんのもとへ駆け込む。色々と説明してもらい、新しいアドレスを作ってもらう。でも、やっぱりさっぱりわからん、コンピューターの説明。それにしても竹中くんは本当にすごい!なんだかわけのわからん数字と文字の羅列を見ながら色んなことを解読していくのだ。そんな彼を横目に見ながら、ちょっぴり「マトリックス」についてふってみた。思った通り、彼は私よりももっともっとずっと専門的に見ている。あ〜、竹中くんの頭でもう一度「マトリックス」を見直したら面白いんだろうなぁ。


2003/6/4 (水)
返信

メールアドレス変更のお知らせメールを送ったら、次々といろんな人から返信がきた。もう何年も連絡をとっていない友人からもメールが届いたりして、何だかアドレスがとんだおかげで楽しかった。これって塞翁が馬?


2003/6/5 (木)
光雫

最近ミュージシャンの浜崎貴司くんはライブなどで宇多田ヒカルちゃんの「光」をアレンジして歌っている。これがなんとも素晴しい。ヒカルちゃんが歌う時とはまた違う味が出てくるのだ。それにしても10代でこんな歌詞を書けるなんて、本当にすごいなぁ。そして、ヒカルちゃんの作るメロディーには、いつもどこかウツクシイ切なさが残る。


2003/6/6 (金)
公園

JALの機内誌SKY WORDのインタビューページの撮影。お日様の下、代々木公園でのロケ。本当に気持ちのいいひととき。クローバーの花が沢山咲いていて、子供時代を思い出した。よくこの花を編んでネックレスを作ったよなぁ。。。そんなことを回想しながらネックレスを編み、子供時代に還って行く。。。のんびり、ほのぼの初夏の公園。


2003/6/7 (土)
空間

wowwowドラマ「交渉人」の撮影始まる。初めて三池監督と仕事。今日は佐野史郎さんとのシーン。三池さんも佐野さんもとても柔軟で、モノの作り方が音楽的なので本当にやりやすい。何だか楽しいロケになりそうな予感。


2003/6/8 (日)
旅人

「ウルルン滞在記」を見ていたら滞在先のインド人のお父さんが別れ際に「別れは神様が決めたものだから、決して悲しむべきことではない」と言っていた。やっぱりインドの人は偉大だなぁ。私なんて、わかっていても、やっぱり別れはいつも哀しいし、苦しいもん。執着しすぎなんだよねぇ・・・きっと。


2003/6/9 (月)
人輪

三上博史さんと「交渉人」の撮影。まだまだほんの触り。三上さんとは私が本当に出始めの頃「病院へ行こう2」でご一緒させてもらった以来。でも、共通の友人がいるため一緒にご飯を食べたりもしているので、何だか一緒に仕事していることにちょっぴり照れる。そして、私のマネージャーだった人が今、三上さんのマネージャーをしている。なんか、不思議。色んなところで色んな人が繋がっているんだなぁ、と実感。でも、楽しい撮影になりそうで、楽しみ。


2003/6/10 (火)
天性

毎年恒例、カネボウのパーティー。今年はスマップの香取慎吾くんも来ていた。
香取くんの挨拶で会場にパッと花が咲いた。香取くんは本当にタレント性をもったタレントだなぁ、と感心した。偉いなぁ。


2003/6/11 (水)
光景

今日の撮影は一日、シャワーに雨にとぬれっぱなし。でも、この撮影現場、ホント、楽しい。何より監督もスタッフも、みんなものすごく臨機応変で無駄がない。監督の演出も、そのシーンの空気の色や光の感じ、そしてその人の心情がどう移り変わって来たかということを説明しながらこちらの気持ちを作ってくれる。そして、その後の佇まいや動きに関しては役者にあずけて、その役者の動きにともなってカメラマンが臨機応変に対応してくれる。ものすごく力の抜けた、でもちゃんと力の入っている現場。なんか、楽しいぞぉ。


2003/6/12 (木)
楽々

今日はものすごーく短いワンシーンで撮影が終わってしまった。ちょっと物足りないかも?(笑)


2003/6/13 (金)
速達

神様はまだ早いとおしゃっているのでしょうかねぇ?
それではないとおしゃっているのでしょうかねぇ?
時々、聞こえなくなるのですよ、あなたの声が・・・。
いや、きっと聞こえているから足踏みしているのでしょうね。
もう少し、様子をみることにしますわん。


2003/6/14 (土)
役割

友人宅でブランチ。初めての訪問。現代美術のコレクターでもある彼女の家には現代美術家の作品が並んでいた。素晴しい、素晴しい。何だか美術館にお邪魔したかのよう。そして、こういう人たちによって美術家は支えられているのねぇ、と実感。夢をかなえるための役割分担だなぁ。。。映画を創る時だって、いい脚本があっても演出家や役者、そしてお金を出してくれるスポンサーや、上映してくれる映画館がなければ皆様のものとにはなかなか届いて行かないしね。色んな人がいるということは、世の中以外と上手く出来ているということなのかも?


2003/6/15 (日)
役割

今日は夜通し「交渉人」の撮影。病院に立て篭っている犯人から人質を解放させるまでの一晩の話がほとんどなので、基本的には夜の撮影ばっかりなのだ。大変だにゃぁ。。。しかも現在、まだ夜の9時40分、なんと!雨がぱらぱら降って来ているのだ!梅雨だしねぇ〜、しょうがないけど、せっかく今日は横須賀までロケに来たから全部撮って帰りたいなぁ。


2003/6/16 (月)
待人

「交渉人」の撮影は今日も夜から。何だか最近昼と夜が逆の生活になっている。
でも、夜からの撮影も意外といいかも?昼間雑用が出来るしね*
それにしても、今日も撮影は人が沢山出ているシーンだったので、待つこと、待つこと・・・5時間?
役者は待つのが仕事なんてよく言うけれど、今日はホント、全部で1時間も撮影してないんじゃないかなぁ?(笑)


2003/6/17 (火)
湿度

梅雨で湿気が多いせいか体がどんよりしている。
ものすごく鈍感になっている感じ。すごく暑いわけでもないから、老廃物が汗になって流れるわけでもなく、かなり体が曇っている。困ったなぁ。運動しないとなぁ・・・。


2003/6/18 (水)
鈍感

あまりに体がどんよりしていて、頭痛までしていたので針医者に行く。
うわぁ、びっくり!体が鈍すぎて針がちっとも響いてこない。こんな日もあるんだなぁ、と逆に感心してしまった。なんかねぇ、抜けないのですよ、“どよぉん”が。どうしましょうかねぇ。


2003/6/19 (木)
給油

久々に朝から撮影。朝と夜が逆の生活になっていたので眠いよぉ。。。
撮影後、駐車場で三上さんと佐野さんと缶ビールを開けながらちょっぴり立ち話。私はビールが飲めないのだけれど・・・それでも、なんか、今日の仕事が終わった感じがして、ちょぴり楽しかった。きっと、サラリーマンの人が仕事の後にいっぱい引っ掛けて帰るのはこういう感じなんだなぁ。(笑)


2003/6/20 (金)
試練

1シーン1カット!今回の役は台詞が話言葉になっていないので、みんななかなか台詞が覚えられず・・・。今日は三上さん、長台詞オンパレード。みんな笑ってみてるけど、三上さんは泣きそうになっていた。(笑)今回の役もそうだけど、医者や弁護士などの専門用語がいっぱい出てくる役は本当に嫌だ。


2003/6/21 (土)
本番

今日も7ページぐらいにわたる長―いシーン、1カット撮り。ひぇ〜!!みんなで自主練。しかもカメラ位置がフィックスで、さらに半分は柱で影になっている。それぞれが上手く動きながら自分でカメラ前まで行かないと写らない。みんなで相談し合って、動いてみたりする。監督はみんなの様子を見ながら楽しんでいる。みんなでわいわい参加している感満載!フィルムが回ってからも、一応どんなことがあっても最後までやろう!ということを約束して、みんなドキドキしながら芝居して、なんか舞台やってるみたい。楽しいなぁ〜♪


2003/6/22 (日)
娯楽

「交渉人」最終日。本当に楽しい撮影でした。こんなに楽しい撮影は久々。三池さんに「三池組はいつもこんない楽しいんですか?」と質問したら、「だって娯楽撮ってんだから楽しくないとね」だって。(笑)そんな力の抜け具合がきっとみんなを楽しくさせているんだろうなぁ。ちゃんと軸が入っていれば後はしなやかに力を抜いて、これ、理想です。


2003/6/23 (月)
心酔

昨日、撮影前に増上寺でやっていた浜崎貴司くんと忌野清志郎さんのライブを見に行った。ステキぃ〜!清志郎さんはやっぱりロッカーだぁ!舞台から「愛してるぜ、ベイビー!!」と叫んであんなに人を魅了してしまう人はやっぱりロッカーなのだ!「俺がいるじゃないかぁ〜」と叫んで「私はひとりじゃないんだぁ〜」とお目目をにさせてジーン出来るのはやっぱり、ロッカーだからなのだぁ!あの優しさは一体何なんだろう?やっぱり“愛”だよね、“愛”。


2003/6/24 (火)
個展

田辺ヒロシさんの個展に行く。今までとちょっと作風が変わったよう。でも、すごくよかった。


2003/6/25 (水)
買物

昨日、妊婦の友人に連れられて一緒に可愛い子供服のショップに行った。なんと、彼女はまだ生まれてもいないのに、毎月そこのお店をチェックして夢を膨らませているらしい。(笑)ビンテージの生地で作った洋服や、アンティークのアクセサリー。ちょっとお値段は高めだけど、本当に可愛くて、子供のいない私は思わず自分用にネックレスをひとつ買ってしまった。(笑)


2003/6/26 (木)
断髪

髪を切った。印象はあまりかわらないかもしれないけど、あえていうならちょっぴりボーイッシュになったかもしれない。今までにない、短いような長いようなへんな髪型。


2003/6/27 (金)
出発

友人の弟がハワイで結婚式を挙げるため、ハワイに出発。でも、本人を始め私達が出席することは誰もしらない、サプライズ。実は式の予定がちょっとしたアクシデントによって一週間ほどずれたので、私もダンナ様も行かれることになったのだ。それにしても本当にサプライズなので泊まるホテルや到着時間をさり気なく聞いたものの、ちゃんと会えるかどうかちょっぴり不安。ま、万が一会えなかったら今回は単なるハワイ旅行!ということで楽しもうっと。


2003/6/28 (土)
張込

10:05PM着の便で、まず友人夫婦がNYから到着の予定。式を挙げる弟くん達は明日朝到着ということでちょうどよかった。10:30PM頃からwaikikiの某hotelで待ち伏せ。なんだかドキドキ。ほんとうに彼等は来るのだろうか?
ロビーで新聞を広げながらサングラスをかけて、かなり怪しい。(笑)待つこと2時間、ニセ探偵ごっこにノリノリだったはずなのにだんだん飽きて来て、玄関先に涼みに行く。するとやって来た!やって来た!荷物を両手に子供を抱えて飛行機疲れしている友人夫婦が。(笑)こういう時ってドキドキしながら、なぜか笑いが止まらない。体がはち切れんばかりの笑いを堪えて体の中で笑いが飛び跳ねる。
ハッハッハッ。(笑)後ろからそーっと追いかける。・・・が、失敗。足音に気付かれて振り向かれてしまった:::::::::::::::一瞬、時間が止まる。理解不可能の間。キョトンとした二人と普通の顔して事態を受け入れている子供とのギャップが可笑しかった。そして、ダイスケさんの“お荷物お持ちしましょうか?”というコトバが沈黙の空間を壊す。

キャッハッハッハ♪

今度は猛スピードで全員の感情が動き出す。
楽しいハワイが始まりそうだ。


2003/6/29 (日)
到着

弟くん&花嫁さん&両家族到着。でも、式は明日なので、まだ私達の存在は内緒。
サプライズ第二段は明日の式。彼等の到着前に花束持って教会で待ち伏せ。でも、今度は友人夫婦がちゃんと情報を流してくれているのでちょっぴり心強い。
さて、さて、どうなることやら?


2003/6/30 (月)
海辺

3時から式ということで、ゆっくり起きて準備して教会に向かう。
なかなか見つけづらいところにあり、ちょっぴり迷って、結局彼等より前に入ることは不可能だった。が、本人たちがリハーサルしているところでこっそり入れたのでサプライズに影響なし。リハ終わりに彼等のもとに花束もって登場!
ふっふっふっ。(笑)

海辺の教会でのステキな式だった。
式の最中、花嫁さんのお父さんにチラッと目を移すと、静かに海の方を見つめていた。特に誓いのキスのところではかたくなに海の方を見つめていた。
なんだかステキな光景だった。やっぱりドラマだなぁ。。。




(c) TSURUTAMAYU 無断転載・引用を禁止します。