2003/1/1 (水)
新年

気が付くととっくにNEW YEAR は始まっていた。
後数時間で東京。

とりあえずHAPPY NEW YEAR !



2003/1/2 (木)
血縁

親戚、お食事会。鶴田家恒例お食事会もだんだん人数が増えてきて、いつまにか円卓2つでもきつきつになってきた。子供達が結婚して、それぞれのパートナーも参加するようになり、そして子供達に子供達が出来て、親子3代にわたってそれぞれの家族が集まるようになってきた。年に1.2回しか会わないけれど、鶴田家はみんな仲良し。年に1・2回しか会ってないのに、やっぱり家族のように温かく思えるのは、何とも不思議。血の繋がりって面白いなぁ、といつも思う。


2003/1/3 (金)
休日

従兄弟の家に遊びに行く。突然の訪問にみんなパジャマ姿であたふた。ゴメンナサイ。(笑)今日はのんびり、何にもしない日って決めていたんだって。そうだよねぇ、
お正月なんだもの。でも、一緒に何にもしない日に加わって、私ものんびりデーになりました。どうもありがとう。


2003/1/4 (土)
未練

インドで毎日カレーだったのに、今日の夜はインドカレー!!まだちょっぴり未練が残っているのかしら?
毎日カレーで飽きないかなぁ?といつも思うけど、これが不思議と飽きないのです。思っている以上に消化が良くて、胃腸はスムージー。きっと、インドで食べるモノには添加物が入っていないからでしょうね。今年もスロー・フードで行きましょう!


2003/1/5 (日)
的外

家でダラダラ、ビデオ・デー。
3本借りて来たけど、あんまり当たらなかったなぁ。。。


2003/1/6 (月)
菜食

ここ数日、朝食(昼?)にご飯を食べている。インドでトリートメントしてから胃腸の調子が良いのかなぁ?
依然は朝(昼?)にご飯はちょっと重すぎて食べれなかったけど、インドでは食べても食べてもすぐにお腹が空いて、毎食美味しく食べていた。やっぱりベジーなご飯が体に合うみたい。


2003/1/7 (火)
打合

明日からNYに発つため、事務所にて今年の仕事の打ち合わせ。さてさて、どうしましょうかねぇ・・・。いつものことながらココロ動きと外の流れを照らし合わせながら流れましょうかねぇ・・・。と言うことで、とりあえず、NYに行ってきますわん*


2003/1/8 (水)
廃墟

NYに着くと、懐かしさよりも時の流れの速さを感じた。
引っ越すことが決まったからなのか、我が家は時の流れの中に置いてけぼりになっていて、もうすでに過去のものとなっていた。隣人達の状況も少し変わっていて、町中も何だかガランとしていた。・・・やっぱり引っ越しの時期なのかもしれない。もはやここに私たちのいる場所はないように感じた。新しい生活をスタートするには未練が残らなくて丁度いい。どこかいい場所が見つかるだろうか?それとももうNYじゃないのかなぁ?家探しをしながら、そんなことを考える1か月になりそうだ。


2003/1/9 (木)
目星

インターネットで家探し。値段と場所と広さの折り合いを付けながら探す。いくつか目星をつけて電話をする。連絡くるといいなぁ。


2003/1/10 (金)
予感

ブルックリンに住んでいる友人の家に遊びに行く。空気の流れが気持ちいい。マンハッタンよりイイカンジ。お店もいっぱいあるし、町並みもイイカンジ。ここに住んでしまったらマンハッタンまで出なくなりそうだけど、それはそれでいいかも?近くの不動産屋に入り、いきなり3つほどアパートを見に行く。どれもナイス!でも、最後の決め手には色々と渋るポイントもあり、、、。まぁ、そんなに簡単には見つからないよね。ちゃんと出逢うまで急がずに待ちましょう。


2003/1/11 (土)
小宴

友人宅で祝・結婚パーティーをやってくれた。友人のうちの一人がNYのNOBUというレストランで仕事をしているため、NOBUのシェフを呼んでの素晴らしいパーティーだった。みんなの気持が沢山こもった、本当に温かい、アットホームな集いだった。みなさま、本当にありがとう。


2003/1/12 (日)
想像

ここ数日家巡り。。。色々な部屋を見ていると、いろいろなイメージが沸いてくる。それぞれの部屋でイメージされる生活が違ってくる。だから楽しい。けど、恐い。生活する場所というのはそれほど、人間のいろんなことに影響してくるように思う。精神的にも肉体的にも・・・。だから、光と風が入る開放的な部屋に住みたい。


2003/1/13 (月)
家探

人間はもしかすると人生のうちの90%は無駄な時間を過ごしているのではないかと思う。もちろん、残りの10%を過ごす為の90%だったり、100という数字に行き着くための90だったりするのだから、けっして無駄ではないのだろうけど・・・。
寒空の下、アスファルトに広がる氷の水たまりを跨ぎながら、ふっとそんなことを考えた。そして、家探しは続く・・・。


2003/1/14 (火)
家探

うひゃぁあ。今日は7軒もアパートを見た。いい感じの部屋はいくつかあったけど、どれも決定権に欠ける。部屋はその人の生活スタイルを決めるから本当に気を使う。考えすぎかもしれないが、どういう場所にどんな雰囲気の部屋を持つかはその人の人生の流れをも決めてしまうような気がするのだ。。。


2003/1/15 (水)
家探

今日も朝から家探し。ダウンタウンを歩き回って朝から晩まで・・・。なんかねぇ、どこの家も想像できないのですよ。自分たちが住んでいる様子が。やっぱり、NYじゃないのかなぁ?なんて、本当に思っているのです。でも、この家探しは、そんなことを具体的に考えられる時間なんだと思って、NYの町並みを歩きながら、家を見ながら、自分たちの今後のライフスタイルを二人でゆっくり考えていますです。


2003/1/16 (木)
家探

やっぱりNYはどうもパワーダウンしているように思うのです。なんか町中も閑散としているし。。。NYというよりアメリカなのかなぁ?停滞しているように感じるのは・・・。自分の中で一生懸命、寒いからみんな家の中にいて外に出ないからそういうふうに感じるのかも?とか、いろいろ考えているんだけど・・・うーん、わからん。でも、もう30軒以上は見ているのになぁ・・・。まぁ、今の時代世界中がどよんとしているから、アメリカだけのことじゃないとは思うんだけどね。


2003/1/17 (金)
記号

ヘンな夢を見た。丘の上から夜空を眺めると月が二重になっているのだ。一枚はおぼろ月のような形をしていて、手前の一枚は長方形。そう、その月は球体というよりも面なのだ。そして、ちょうど「2001年宇宙の旅」のエンディングに出てくるあの長方形の板のような感じのもので、半透明になっていて、そこには何か暗号のような文字が浮かんでいる。びっくりして「おぉおお!」と眺めているとその手前の長方形の月がズドンッとマンハッタンに落ちるのだ。ビックリして見に行こうとすると、すでに磁場が変わっていて空を飛べるようになっている。なのでマンハッタン上空を飛びながらその月が落ちたであろう場所を探しているという夢だ。なんだろう?この夢は?何かを暗示しているようでいろいろと駆け巡る。


2003/1/18 (土)
独言

NYに向かう飛行機の中で、よしもとばななさんの「アルゼンチンババア」(株・ロッキング・オン)を読んだ。くる、くる、コレはくる・・・。私はその本の中に流れる空気と温度にすっかりはまってしまった。何だろう?この感じ。すんごく好き。ココロのずっと奥に写し出される風景と何だか似てる。あたたかくて、せつなくて、なつかしくて、じんわりとする。


2003/1/19 (日)
零下

NYはここのところ寒くて、寒くて・・・。どうやらマイナス10度前後らしいのです。おとといの夜なんてマイナス16度、体感温度21度・・・。
本当に家を出る気になりません。ドアを開けると、道路が凍って真っ白で、なんだかフリーザーのドアを開けた時みたいにふわぁっと冷気が襲ってきます。気になってインターネットで世界の気温を見てみたら、なんとモスクワよりぜんぜん寒いではありませんか!いやぁん。。。


2003/1/20 (月)
視点

「アルゼンチンババア」がとてもよかったので、よしもとばななさんの本が読みたくなり、ミッドタウンの紀伊国屋書店に行く。「虹」と「ハードボイルド・ハードラック」を買った。「虹」から読み出しているんだけど、主人公の視点が何だか自分と似ていて面白い。もしかするとモノを見るポイントがばななさんと似ているのかも?と勝手に思った。


2003/1/21 (火)
風力

いよいよ引っ越しの準備。結局、一旦日本に引き上げることにした。この部屋探しの期間はきっと、自分たちがこれからどう生きていくかを考える時間だったように思う。相手の人生、自分の人生、そして二人の人生。。。。今まで自分勝手に生きてきた二人が初めて二人で生きていくという意味を提示させられた出来事だったのかもしれない。一生懸命流れを読んでいるつもりでも、果たして本当にその中に自分の自我は含まれていないだろうか?何度も向き合わさせられる。その度に考える。いくら考えたって、何が正解だったかなんて、人生が終わってみてもわからないかもしれないけど・・・。

流れよう、流れよう、両手を離して・・・
怖がらずに、流れよう・・・


2003/1/22 (水)
片付

引っ越しの片付け。
黙って黙々と片付けをする。引っ越しの片付けは面白い。そこにはその人の数年分の思い出と、私が関わった数年分の思い出がそこいらに転がっている。一つ一つ丁寧に片付けながら、一つ一つ丁寧に磨きながら、捨てるモノと持っていくモノを分けていく。コツコツ一緒に片付けて、それぞれにココロの整理をしていく。・・・飛ぶ鳥後を濁さず・・・そうかぁ、、、”片付ける”とは”片を付ける”ということなんだぁ、、、。


2003/1/23 (木)
片付

岩井俊二さんが撮ったワールド・カップのDVDを見る。すごい・すごい!!サッカーに興味のない私が見入ってしまった。そこには静かだけど熱い、何気ないけどホントはもの凄くドキドキする物語があった。今さらだけど、トルシエの話っぷりにイライラしたり、みんなのぽつん@ぽつんと話す中身のない話の裏に隠された緊張感に手を合わせたくなったりもした。やっぱりドキュメンタリーは面白い。嘘がないから、静かな表面の裏に隠れている真実がどうしても浮かび上がってくる。ドキュメンタリーを撮って編集するのは面白いだろうなぁ。


2003/1/24 (金)
寒波

NYは本当に寒くて、寒くて・・・。ここのところ毎日マイナス10度以下なんじゃないかなぁ?何だか寒波が襲ってきているなんて噂もあるし。寒くて家から出られないのですよぉ。家の掃除もだんだん終わりに近づいて来て、だらだらゆっくりペースになっております。


2003/1/25 (土)
週末

友人の家でディナー。NYではよくこうやって人を呼びあってディナーする。私はどちらかというと外で人と会って食事をするよりも、こうやって家を行き来しながらゆったりとした時間を過ごす方が好きだ。何か、そういう時間の方が贅沢な感じがするし、より密な感じがする。週末にこういう時間がもてるということは、ものすごく幸せなことだなぁ。。。


2003/1/26 (日)
時計

散歩をしながらアンティ−ク家具屋に入ると、とってもキュートな時計があった。ずっと探していたウッドの時計だ。NYを去る前に何か思い出になるモノを見つけよう!と言ってずっと探していたので、何だかもの凄く愛おしい。二人のメモリアルにちょっと高かったけど、がんばって買っちゃいました。


2003/1/27 (月)
個性

ぼちぼち部屋の片づけ。私だったらこの引っ越しの片づけ、3日で終わるのになぁ・・・と思いながら、かれこれ10日以上もかけてゆっくり、ゆっくり片づけをしているだんな様を横目で見る。何かを成し遂げるときのスピードが確実に違うのだ。私はどちらかというと短期集中型で始めたら終わるまで止められない。でも、だんな様は途中で何度もタバコを吸ったり、音楽聞いたり、テレビを見たりしながらブレイクを入れる。そんな様子を見ながら人にはそれぞれペースがあるのだぁ、といつも思う。


2003/1/28 (火)
激安

IKEAと言う郊外のとっても大きな家具屋さんに行く。引っ越し前の最後のお買い物。初めて行ったんだけど、ものすごいビックでものすごい安さ。だってソファとか250ドルとかで買えちゃうんだもん。引っ越しだというのにいっぱい買い物してしまった。。。でも、気を付けないとついつい「安いから!」と言って余計なものまで買ってしまう。ホント、貧乏性だなぁ。(笑)


2003/1/29 (水)
刹那

雪が降っていると「今日はちょっと温かいかも?」なんて思ってしまう程、以上な寒さ。本当に毎日家でだらだら本を読みながら合間に片づけしております。ばななさんの「虹」「ハードボイルド・ハードラック」本当によかった。小説の世界にどっぷりはまってしまい、一日意識が浮遊しておかしくなった。小説なのに涙が止まらなくて、ポロポロ涙流してた。心配して覗き込んでくれるだんな様を見つめながら「一人じゃないって素晴らしいことだなぁ」とココロの中で感謝した。


2003/1/30 (木)
黙々

いよいよ明日引っ越し屋さんが荷物を取りに来るので、もくもくと片づけ。結局、この段階にならないとエンジンが全開にならない。片づけしながら無心になってくる。なんかこういう時間、結構好き。この段階までくると、もう気分は次ぎの場所に向けてすがしくなって来てる。静かに前向きな感じ。お互いあんまり喋らずに大きな空間でもくもくと作業・・・。


2003/1/31 (金)
空白

朝から引っ越し屋さんが来る。夕方にはアトリエも家もガラーンとしてしまった。何かスッキリ!さぁ、次ぎに行こう!と気持は前向きなんだけど、やっぱり大家さんが来て、鍵を手渡した時には何だかジーンとしてしまった。鍵を手渡したと言っても、この部屋は友人が購入したので、そのまま友人から鍵を借りて、帰国するまで使えることになっているんだけど・・・でも、そういうことじゃないんだよねぇ、こういう儀式って。やっぱり「もうこの部屋は貴方のモノではなくて、勝手には出入り出来ないんですよ」っていう事実を嫌でも突きつけられる。でも、だからこそ大切だと思う。人には出逢いと別れの時期があって・・・でも、人って案外そう簡単には割り切れないものがあったりするから、こうやってきちんとけじめをつけてくれるとありがたい。。。




(c) TSURUTAMAYU 無断転載・引用を禁止します。