2002/3/1 (金)
硬直

体がコリコリ。。。どうして、こんなに硬直しているんだろう?何か気になることがあったり、イヤな事があったりすると私の体は一瞬にして硬直する。体はホント正直だなあ・・・といつも思う。自分の体にはウソがつけない。。。でも、時々「もう少し大人になってもいいんじゃない?」と余りに余裕のない自分に言って聞かせたりする。


2002/3/2 (土)
警告

先日テレビで「花粉特集」をやっていた。花粉対策用のマスクにサングラスに帽子・・・・恐シイ・・・・。
こんな格好をしなければ外にも出られないような世の中になっているなんて本当に恐シイ・・・。そのうち、宇宙服のようなモノを身に付けなければ外にも出られないようになってしまうのではないかとゾッとした。絶対におかしい!!本当に、本当に、これはきっと地球の警告です!!


2002/3/3 (日)
飛行

「インシャラ」の増刷が決まった!!わーい!わーい!
この本は私の旅日記、すなわち人生の縮図日記だから、いろいろな人に読んでもらえるのは本当に嬉しい。沢山の人達に読んでもらって一緒に旅してもらえたら本当に嬉しい!「インシャラ」に乗って、私と一緒に中央アジアのココロの宇宙旅しましょ!


2002/3/4 (月)
試写

大阪試写。いよいよ「ミスター・ルーキー」が始まる。
朝から新幹線に乗って大阪へ・・・。分刻みで取材がおこなわれる。いつも思うけど、映画のキャンペーンでいろいろと回っていると、いつもと違う意味で女優なんだなあ、と思う。(笑)なんでだろう?きっと、芝居じゃないのに舞台に立ったりしているからかなあ?しかも、これから自分の作品が始まるという時に、その作品をわざわざ足を運んで見に来てくれた人の前で挨拶したりするからかなあ?でも、とりあえず公開が近づき、前評判もいいのでよかったー!!


2002/3/5 (火)
試写

東京試写。朝から大阪の生番組に出演して、東京へ・・・。今日は国際フォーラムで東京試写。徳光さんが司会をして下さって、ナント!!長嶋茂雄さんまでいらしてくれた!生・長嶋だあー!!!!野球ファンでも、長嶋ファンでもないけど、なんだかやっぱり興奮した。(笑)
もの凄い人数が集まって、何だかとっても豪勢な試写会。どうか、この映画が多くの人に見られますように・・・。


2002/3/6 (水)
残像

なんだか、一日ぼーっとしてしまう日。お祭りの後に一人ポツンと残されたみたい。(笑)昨日、一昨日とあまり眠れなかったので、今日は早くねようーっと。。。


2002/3/7 (木)
日差

"笑っていいとも"に出演。映画の宣伝と「インシャラ」の宣伝が出来てよかった。やっぱり、自分が参加して創ったものだから一人でも多くの人に見てもらいたい。。。それにしても今日はホント、春のような日差しでとっても気持よかった!けど、花粉症の私にはイヤーな一日でもあった。(笑)どうにかなりませんかねえ、コレ。こんなんでは毎年、春には仕事は出来なくなってしまうなあ。。。


2002/3/8 (金)
様式

ピン・チョンさんというアメリカ在住の中国人演出家の作品「怪談」をビデオで見る。オムニバス形式になっていて、どれも日本の怪談話を扱っている。外国人が捉えた日本がそこにあった。しかも中国人にも関わらず、カナダで生まれNYで育った人の無国籍なコンテンポラリーな感じがそこにあった。舞台美術が素晴らしく、様式美を追求している感じだった。舞台には映画では出来ない空間がある。でも、映画にも舞台では出来ない表現方法がある。当たり前だけど・・・。だから、どちらも楽しい、と思える。


2002/3/9 (土)
春纏

シアタープロダクツというファッションブランドの新作発表を「珍しいきのこ舞踊団」の役者さんがパフォーマンスしながら発表した。デザイナーの武内さんはもともとコム・デ・ギャルソンにいた人で、昨年このブランドを立ち上げたらしい。とっても、素晴らしい服!!コム・デ・ギャルソンのキュートで知的な感じにちょっぴりストリートな匂いが組み込まれ、武内さんの才能を思わせていたように思う。個人的にはとっても好きな服。今日はその場で思わず衝動買いしてしまった。(笑)でも、ステキな服に出逢えて、今日はとってもhappy気分***


2002/3/10 (日)
兄弟

学生時代の友人の家に数人集まっているというので、遊びに行く。久々の参加。みんなはよくつるんでいるらしいが私は3年ぶりぐらいに会う友人もいた。でも、久々に会ってもその間の月日はまったく感じない。そんなものなんじゃないかなあ?友達って、と改めて思う。でも、面白かったのは、8人中1人を除いてみんな独身だった。すごいよね?みんな今年32才だというのに。(笑)でも、だからこそこんなふうに気軽に集まれるのかもなあ。。。やっぱり、いつもそこにいてくれる友達はありがたい。


2002/3/11 (月)
手紙

「この人で大丈夫かしら?」
「私でいいのかしら?」
命、預かれる?
命、預けられる?
いつもいつも考える。
いくら心中したい相手を探していても
やっぱり、本当に心中しては困るから(笑)。
さあ、どうしよう?
この仕事、のりますか?やめますか?
もう少しだけ慎重に、
神様の声を聞きながら。。。


2002/3/12 (火)
太陽

「ヘドウィッグ・アンド・アングリーインチ」を見に行く。男と女の両方の要素を持つ、ロック歌手の切ない話。なんとなく、主人公の持つ優しさと切なと生まれ持った美貌が三輪明宏さんを彷彿させた。彼が歌っている歌の歌詞がなんとも可愛く、そこについてくるアニメーションがまたとってもキュートだった。男でもなく女でもない男と女が一緒になったアンドロギュノスの話を思い出した。


2002/3/13 (水)
兄貴

「天保12年のシェークスピア」を見に行く。上川隆也さんナーイス!!とってもかっこよかったわん***
上川さんはホント、舞台に立っているときが一番きらきらする人だ。水を得た魚のようにイキイキとしている。そして、なんと言っても色っぽい!!俳優さんでも女優さんでも芝居をしているときに色気がない人はやっぱりダメなんじゃないかなあ?と思う。そして、古田新太さん!!またまたやってくれてます!!私はホント、この人にヨワイ。。。あんちゃん、今日もかっこよかったよ!


2002/3/14 (木)
母性

噂によると坂本龍一さん、今度発売されるアフリカをテーマにしたDVD(木楽社・4月29日発売)でゾウの生態について調べていたら、そこから人類の未来を開く鍵をみつけたんですって。キーワードは「母性」らしい。早くみたいなあ、楽しみです。


2002/3/15 (金)
対談

青山ブックセンターにて後藤繁雄さんと"インシャラ対談"。さすがにインタビューがうまいなあ、と感心。すっかり普段の私のままに話してしまいました。こんなふうに表に出ることのなかった私ですが、意外と面白かった。(笑)そして、何よりも驚いたのは、足を運んでくれたお客さんは旅好きが多かったということ。この本が出来たのもみんな、ステキなスタッフが支えてくれたおかげです。本当にみなさんに感謝!!そして、今日足を運んでくれたみなさま、本当にありがとうございました。


2002/3/16 (土)
密室

竹中さんのラジオ番組(TBS)に出演。何だか、普段の雑談の延長のような感じ。そこは本当に不思議な空間で、テレビでは話せないようなことが話せてしまうのだ。でも、これが、ラジオの面白さなのかもしれない。私の前の週は長嶋一茂さん。ここでもテレビではとても話せないようなことを赤裸々に語っているらしいですよお。


2002/3/17 (日)
幸福

久々に男友達と二人、しんみりトーク。結婚するんだって!!その人。「もうこの年になるとさすがに外に出て遊びたいとか、より多くの女の子と出会いたいとかいうよりも内側の充実感を求めるようになるよねえ」だって。イヤーン!!イヤーン!!その穏やかでハッピーな様子にすっかり嬉しくなってしまった。みんながハッピーになって行くのは本当に嬉しい!!さあ、順番に一つずつ飛び出して、幸せになりましょ!!


2002/3/18 (月)
稽古

コクーンの稽古場にて芝居のワークショップのようなことをやる。久々に面白い。でも、久々にぐったり。(笑)こんな疲れかたは「真情あふふる軽薄さ」以来だ。やっぱり舞台は一緒に創れるから面白い。体を使って、表現していかれるから面白い。でも、本当にエネルギーを使う。上手くいったときには自分の体からエネルギーが出ているのがわかる。体、鍛えなきゃなあ。喉を鍛えなきゃなあ。がんばろーっと!


2002/3/19 (火)
返還

何年ぶりだろう?久々に年下の女の子・Mちゃんと会う。恋に仕事にお悩み時らしく、結局朝の4時まで家にいた。なんだか、妹みたいな女の子。「あーでもない」「こーでもない」と頭の中をぐるぐるさせながら話しているその様子は、数年前の自分とだぶった。私もきっと、こんな顔してぐるぐるしながら年上の人達に話を聞いてもらっていたのだと思うと可笑しくなる。自分が年上の人にしてもらったことは年下の人に返して行こう。その時期、自分がその人達の存在によって、どれ程助けられたかが、わかるから。。。。。


2002/3/20 (水)
出発

今をトキメク代官山に同級生の男の子がお店を出した。八幡通りにあるDiral という名のセレクトショップ。今日はそのオープニングで、友人が沢山集まっていた。子連れで来ている人も数人。なんか、店を持ったり、子供を持ったり・・・みんな成長しているのねえ。。。お店の方はなかなかキュートで、さっそく沢山リボンが付いたTシャツを購入してしまった。最近は少し色物を買うようになっている。春だしね。


2002/3/21 (木)
警報

あー、今日は花粉がひどい!!どうやら、櫻の花咲くころからヒノキの花粉が飛ぶらしく、そのせいらしい。本当にどうにかしてくれー!!
今日は体もグッタリしていて、見ておかなければならない資料用のビデオも途中でウトウトと眠ってしまったりしてしまう始末。本当に困る!!あー、脳味噌が溶けていくー!!五感が鈍ってくるー!!集中力がなくなるー!!ンギャああああああ


2002/3/22 (金)
老人

就寝前、ベットにて後藤繁雄さんの「独特老人」(筑摩書房)を読む。「人が正しく生きるとは、年齢を重ねるにしたがって、解放されてゆくことだと思う。当たり前にこわいものがなくなり、よりこわい領域に入る。それは、ある意味では、人から逸脱してゆくことになる。」(「独特老人」 "小僧の幸せ" より)
この本は作家の森敦さんや埴谷雄高さん、舞踊家の大野一雄さんなど人生の諸先輩方を後藤さんが何年もかけてインタビューし出来上がったものである。面白い!やはり人生全開で生きている人の話は面白い!今日から毎日、寝る前に日替わりで、色んなおじいちゃんたちのお話に耳を傾けながら寝ることにしよう!


2002/3/23 (土)
初日

「ミスター・ルーキー」の初日。有楽町にて舞台挨拶。応援団まで来てくれて、歌まで歌って、何だかとっても賑やかな初日。舞台挨拶があったせいかお客さんも沢山入っていた。すこーしづつ、すこーしづつ、口コミで人気が出てきたらいいなあ、と思う。だって、なかなか楽しい映画だったでしょ???


2002/3/24 (日)
色々

蜷川実花さんのアトリエに遊びに行く。すごいっ!!
すごい部屋だった!!何しろ白カベが無い程にあらゆる所が絵や写真やオモチャで埋め尽くされている。「帰る間にトイレにも行ってね」と言われ、早速トイレへ向かうと「わぁお!!!!」ふわふわした色とりどりの布で全面が埋め尽くされ、派手ハデな可愛らしい額に入った実花さんのヴィヴィットな写真が沢山散りばめられ、ナント!!オモチャのインコのがあらゆる所に飛んでいた。本当にビックリ!!人の家に遊びに行くと、その人自身が見えて本当に面白い。「白いカベが残っているとダメなの」と言っている実花さんは、きっと白カベの、モノの少ない私の部屋に遊びに来たら気が狂ってしまうんだろうなあ。(笑)色のない部屋に住んでいる私だからこそ、実花さんのヴィヴィットな写真に惹きつけられてしまうのかもしれないと思った。


2002/3/25 (月)
各駅

ディジティミニミにてホームページの打ち合わせ。本当にお待たせしてゴメンナサイ。。。でも、少しづつ、少しづつ進んでいます。なんせ、のんびり屋の私なものですから、、、、おまけに私が想像するに今度のデザインをしてくれている小泉さんもどうやら私と同じ、もしかすると私よりも(笑)体内の時間の流れがゆっくりかもしれないと思えるような人なのです。こんな二人だから、徐々に徐々に・・・・。きっと、もうすぐ立ち上がるはずです。(笑)


2002/3/26 (火)
妖精

「珍しいキノコ舞踊団」が原美術館で公演をするというので見に行く。すばらしい!!すばらしい!!
原美術館の静かな庭で、キノコの粉をまき散らしながら飛び跳ねる、小さな無垢の塊が、細胞分裂しながら飛び散って行く。。。。。何だか、森の中でひっそりと楽しそうに遊びまわっているキノコの妖精を覗き見してしまったみたい。そのキノコはきっと、真っ赤な傘に水玉の模様のついた、あの不思議の国に出てきそうなやつに違いない。


しばらくオヤスミさせていただきます。


(c) TSURUTAMAYU 無断転載・引用を禁止します。