mayu tsuruta | ryuichi sakamoto
<< | top | dialogue | >>
 
原始的欲求

聴覚の記憶
tsuruta  自分の耳が人とは違う、と感じたのはいつ頃からですか?
sakamoto  聴覚の記憶で一番最初にあるのは、通っていた幼稚園で音楽をやっていて、小学校に入った時にそのままやめてしまうのはもったいないので町のピアノの先生の所にみんなで通い始めたんだよね。そこで聴音の練習があったの。ピアノである音を奏でて「この音を憶えておいてね」と言われ、その後わからなくなるように他の音をいろいろ弾く。そして、その後でまだ最初の音を憶えているかテストをする。その時に「なんでこんな簡単な事をやっているんだろう。」と不思議で質問の意味がわからなかった。でも、確かに他の子はみんな答えられないんだよね。僕にとっては、例えば猫の絵を見せられて、その後に何枚か他の動物の絵を見せられて「さあ、猫はどれでしょう?」と言われているような感じに過ぎなかった。


t  例えば町中などを歩いていると、音はどのように聞こえるのですか?
s  あまり音を意識し過ぎていると発狂しそうになるので、なるべく遮断するように歩いているかもしれない。パーテイー効果と言うのがあるのだけれど、例えばパーテイー会場で、普通ならば隣の人の声が一番物理的によく聞こえるわけだけど、人間の脳って必要のない音を遮断して聞きたい音を拾える能力があるのね、だから僕の場合も情報量が多くなり過ぎないように音を選択しているんだと思う。でも、そうやって音を選択しすぎているのも問題で自分の脳が物事に対して強力なフィルターをかけているというのは善し悪しでしょ???自分の関心のないことは聞いていなくて、自分の意識とかセンスとか体質とかで切り取られてしまっちゃうわけだから。もし100%耳を開いていたとしたらその中に必要な情報があったかもしれない。それは世界を見ていないということになるのかもしれないからそれはそれで良くないのかも知れないね。だからやっぱり耳を開くようにしておかないといけないのかもしれない。作曲家というのは、ある時期、その自動的にかかってしまうフィルターを意識的にはずす訓練をしたりするんだよね。一番いいのは通勤通学途中の電車の中とかで聞こえてくる音を同時に聞いて識別出来るようにしていく。20種類位は拾えるようになるかな?人は一定のリズムで刻まれている音に対してはすぐに耳が慣れてしまい聞こえなくなってしまう。例えば、時計の秒針の音やエアコンの音とか・・・。たぶんそれは哺乳類のDNAの中に組み込まれている装置で、数分間同じリズムで刻まれている音に対しては危険がない、と判断するのかもしれない。ところが瞑想の修行を積んだようなお坊さんというのは、脳波を計ってみるとそういう音もずっと聞いているんだって。耳が開いているんだね。矛盾しているけど、一つの事に集中しながら、開いている。


t  私は瞑想すると無音になるんだと思っていました。
s  本当にあった話かどうかわからないけど、宮本武蔵が決闘の時に8時間相手と向き合っていたというエピソードがあるでしょ?その8時間ってある種の瞑想状態にあって、どんな変化も見逃すまいと全方位に感覚は開いているんだけど、でも一点に集中している、それと似ているのかもしれないね。


t  年をとるということと精神の解放具合はある意味比例しているようにも思えるのですけれど、年とともに拾える音が変わってきたと言うことはありますか?
s  これもほ乳類のDNAの中に組み込まれていることなんだと思うけど、以前に聞いたことがある音に関しては注意を払わなくなるんだよね。さっき話ていた時計の秒針やエアコンの音が聞こえなくなってくるのと一緒だと思うんだけど、聞いたことのある音に対しては慣れていってしまうから年とともに拾える音は少なくなっているかもしれない。新鮮な音が減ってくるよね。


t  例えばバルセロナ・オリンピックで指揮をしていた時と「LIFE」で指揮をしていた時とではオーケストラの音の聞こえ方は違っていますか?
s  それはどれだけ他のことに気を使っているかという、他との兼ね合いによって違っていて、指揮をする事自体になれてくれば余裕が出てくるからもっと聞こええるようになってくる。


t  重心がさがってくると余計なものに気を取られなくなり、同時にいろいろなものが見渡せるようになってくると言うことですね。
s  そうだね。


t  オーケストラの作曲をする時は中心になるメロデイーラインを決めてから重ねていくように他の音を決めていくのですか?それとも一小節分一変に音が鳴っているのですか?
s  ウーン、両方かもしれないな。重なった状態とバラバラのパーツを同時に認識しているんだよね。重なった状態を想像出来ないと部分も出てこない。例えばド・ミ・ソという3つの音が同時に鳴ってハーモニーになっていくという事がわかっていないと出来ない。そういうことがもっと複雑になったものだから全体の響きが想像できて初めて、この音はバイオリンにやらせようとかフルートにやらせよう、というふうになっていく。


t  機織りと一緒なんですね。模様が見えていないと織れない。
s  そうそう。何でもそうだよね。


 

(c) TSURUTAMAYU 無断転載・引用を禁止します。

<< | top | dialogue | >>